正代&御嶽海 両関脇が3敗追走 残る逆転V可能性へ「しっかりやる」

正代&御嶽海 両関脇が3敗追走 残る逆転V可能性へ「しっかりやる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇大相撲7月場所13日目(2020年7月31日 両国国技館)

No image

白鵬の休場で不戦勝の正代(撮影・白鳥 佳樹)

両関脇がそろって大関獲りの起点となる2桁10勝に到達した。この日、昼近くに白鵬休場での不戦勝を知ったという正代は「気持ちを切らさないように」と引き締めた。残る2日の相手は14日目が照ノ富士、千秋楽は朝乃山が濃厚。賜杯の行方を左右するキーマンだが「自分のことで精いっぱい。自分の相撲を取り切れれば」と無心を強調した。

御嶽海は「次の場所にいい形で臨めるよう、あと2日しっかりやる」と話した。3敗の2人にも逆転優勝の可能性は残されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加