国内2例目"赤ちゃんポスト"北海道当別町に設置 「命を守りたい」...利用者の年齢制限なし

国内2例目"赤ちゃんポスト"北海道当別町に設置 「命を守りたい」...利用者の年齢制限なし

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2022/05/14
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

様々な事情で育てられない子どもを匿名で預けることができる「赤ちゃんポスト」。北海道当別町に国内で2例目の赤ちゃんポストが設置されました。

土井 若楠 記者:「赤ちゃんポストは、玄関を入るとすぐ隣の部屋になります。誰にも会わずに子どもを預けられるということです」

赤ちゃんポストを設置 坂本 志麻さん:「ドアを1枚隔てて相談員が常駐しているので、"相談したい人は声をかけてください"というメッセージを掲示している」

公認心理師の坂本志麻さん。家庭での子育てが難しいこどもや親を支援する「こどもSOSの家」を運営しています。

「命を守りたい」との思いから5月10日、当別町に赤ちゃんポスト「BABYBOX(ベビーボックス)」を開設しました。

赤ちゃんポストを設置 坂本 志麻さん:「どうしても匿名でないとダメ、どうしても児童相談所に頼れない、そういった人に活用してほしい」

預けられた子どもは、警察や児童相談所と連携して保護することになります。まだ利用者はいませんが、匿名の相談が数件寄せられているとうことです。

赤ちゃんポストを設置 坂本 志麻さん:「年齢制限はしていない。できるだけ力になりたい。助けたい」

受け付けは24時間行っていて、坂本さんは、「匿名で構わないので相談ほしい」と呼びかけています。

赤ちゃんポスト「BABYBOX(ベビーボックス)」

▼住所:当別町若葉2263-4

▼最寄り駅:JR石狩当別駅から車で10分

▼URL:https://www4.hp-ez.com/hp/kodomo-sos/page15

▼連絡先:shimange@hotmail.com(相談無料、匿名可)

※24時間受付相談の際は、件名に「ベビーボックス希望」と記載し、預ける前には、アレルギーなど配慮する必要がある情報を知らせてほしいということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加