【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」イタリア代表編】新鋭バストーニとラスパドーリの登用がカギを握る?

【数字が語るEURO2020優勝候補の「切り札」イタリア代表編】新鋭バストーニとラスパドーリの登用がカギを握る?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/06/11
No image

セリエA王者となったインテルでも主軸として君臨したバストーニ。数字上でも期待の逸材だ。(C)Getty Images

No image

予選は10戦全勝のイタリア。1968年大会以来、半世紀以上ぶりの制覇を果たすことはできるか。(C)Getty Images

「イタリア代表、27戦無敗のまま、EUROの初戦だって」
「予選は10戦全勝だったらしいよね」
「久々の戴冠もありえるかもしれないな」

たしかに今回のEUROで優勝すれば、1968年大会以来、実に半世紀以上ぶりだ。

「それはそうですが、もしかすると楽観は禁物かもしれません……」

聞こえてきたのは、数字の声だ(もちろんこれは想像上の話、つまりファンタジーです)。数字の話はこう続く。

「親善試合や弱小国との対戦を除いた、直近30試合の勝率を選手別に見てみますと……」

え、何かを予想できるの?

「もしかするとCFとCBの思い切った登用が、大会中のどこかで必要になってくるかもしれません」

いったいどういうことなのか。もう少し、数字の話を聞いてみるとするか――。

EURO2020が1年遅れでいよいよ開幕する。それはそうと、なぜ「数字」が語っているのか、企画の趣旨をかいつまんで説明すると――。

・EURO2020の優勝候補は8か国(と言われている。とりあえずそこは疑わない)。
・ワールドカップやEUROの歴史を紐解くと、意外なヒーローや彗星のごとく出現したラッキーボーイも大会の行方を決定づける切り札となってきた。
・それならば大会をより楽しむために、優勝候補8か国の誰もが知っている切り札(ポルトガルならクリスチアーノ・ロナウド)を踏まえつつ、意外なヒーローやラッキーボーイの候補者たち、すなわち隠れた切り札にもなりえる選手を予想しておこう。
・予想は数字に重きを置く。
・具体的には個人勝率の比較を用いることにする。
・遠い過去まで遡りすぎると最近の実情から離れてしまいかねないので、各国とも直近30試合を分析対象とする。そのうえでEURO2020エントリーメンバー1人ひとりの①出場した試合の勝率、②出場しなかった試合の勝率(不在時勝率)を当該国内で比較する。
・原則的には個人勝率の高い選手、不在時勝率の低い選手の中から、隠れた切り札の候補者を探し出す。
・データの精度を高めるために、親善試合は分析対象の直近30試合からすべて除外する。
・同じ狙いでUEFA加盟国のFIFAランク下位15か国(いわゆる弱小国)との対戦も、分析対象からすべてカットする。
・実際に勝率を比較してみると、意外な発見がいくつもあった(イタリア代表メンバーの個人勝率一覧はこちら詳しい企画趣旨はこちら)。

それでは数字の示唆(あくまで示唆です)をすくい取りながら、イタリア代表の切り札候補を探しにいこう。

イタリアの登録メンバーで「出場していない試合」の勝率が比較的高かったのは――。
・CBのレオナルド・ボヌッチ(75%/4試合3勝)
・同じくCBのジョルジョ・キエッリーニ(69%/16試合11勝)
・CFのチーロ・インモービレ(78%/9試合7勝)
・同じくCFのアンドレア・ベロッティ(70%/10試合7勝)

出場した試合の個人勝率はボヌッチが62%で、ベロッティは60%、キエッリーニとインモービレは57%だったので、差し引きたしかに微差ではあるが、CBのレギュラー有力候補2人とCFのポジションを争奪している2人は、4人揃って不在時勝率のほうが高かったという意外と言えば意外なデータだ。やや遠回しに不在時勝率と表現しているが、すなわち「不在のほうがより勝てるのではないか」と数字が示唆していると受け取ろう。

イタリア代表にも個人勝率の高い、つまり「いたほうがより勝てるであろう」選手もいる。例えばインサイドハーフのニコロ・バレッラは勝率78%(18試合14勝)とかなり高く、不在時勝率は42%(12試合5勝)でイタリアの登録メンバーではもっとも低い。11シーズンぶりにセリエAを制したインテル・ミラノで不動の大黒柱に成長を遂げた24歳のバレッラは、もはやイタリア代表でも有数の切り札候補と言えそうだ。

バレッラ以外で個人勝率が高いのは――。
・左SBのエメルソン(80%/10試合8勝)
・同じく左SBのレオナルド・スピナッツォーラ(75%/8試合6勝)

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督は、これまで左SBをより攻撃的に振る舞わせてきたという。切り札となりえる攻撃力の高い左SBを同時に2人擁しているのは、EURO本大会でも強みのひとつとなるかもしれない。
さて、数字が示唆しているCBとCFの勝率問題だ。もしかするとマンチーニ監督は、代表経験は浅くても伸びしろの大きい若手を登用する勇気を、大会のどこかで振り絞るかもしれない。

数字がお勧めしているのは、CBは22歳のアレッサンドロ・バストーニ。個人勝率は2試合2勝の100%で、対象試合を彼自身のA代表歴に広げても5戦全勝だ。セリエA王者となったインテルでは3バックの不動のレギュラーだった。

CFはA代表歴のないままEURO2020にエントリーされた、21歳のジャコモ・ラスパドーリが期待を集めているという。身長172cm。アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロにもイメージが重なる小兵のストライカーだ(左ウイングでも起用できる)。

「………………」

去る6月4日の親善試合チェコ戦(イタリアが4-0で勝利)で、ラスパドーリはA代表デビューを果たしたばかり。EUROという大舞台でいきなり活躍できるのか、数字はさすがに「ノーコメント」だそうです。

データ参照元https://footystats.org/jp/

取材・文●手嶋真彦

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「イタリア代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加