大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一の故郷・血洗島って、いったいどんな由来があるの?

大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一の故郷・血洗島って、いったいどんな由来があるの?

  • Japaaan
  • 更新日:2021/05/02
No image

「日本実業界の父」として近代日本の発展に大きく貢献した渋沢栄一(しぶさわ えいいち)の生涯をつづった大河ドラマ「青天を衝け」。

栄一が生まれ、少年~青年期を過ごした故郷は武蔵国榛沢郡血洗島村。現代の埼玉県深谷市血洗島に当たりますが、血洗島(ちあらいじま)という地名に強烈なインパクトを受けたのは、きっと筆者だけではないはずです。

血洗島で、いったい何が!?(イメージ)。

そこではかつて、一体どんな惨劇が繰り広げられたのか……想像はどこまでもふくらむものの、今回調べてみたので、血洗島の地名にまつわる諸説を紹介したいと思います。

荒れ狂う利根川に由来?血洗島にまつわる諸説

自分の生まれ故郷の地名について、栄一も同じような疑問を抱いていたようで、事あるごとに人々から血洗島の語源について尋ねたところ、様々な言い伝えを耳にしました。

一、太古の昔、上州・赤城山の大ムカデが日光・男体山の大蛇と戦った際に片腕(足?)をもがれ、その傷口の血を洗ったから(戦場ヶ原の伝承)
※いずれも関東平野をうねり、しばしば荒れ狂った利根(とね)川の象徴であったとも考えられます。

No image

義家たちの奮闘ぶり。『後三年合戦絵巻』より。

一、後三年の役(永保3・1083年~寛治元・1087年)において、奥州(東北地方)へ遠征中の源義家(みなもとの よしいえ)が襲撃を受け、家臣の一人が片腕を斬り落とされ、その傷口を洗ったから
※ちなみに、近くに片腕を葬った「手墓(てばか)」があり、墓の両隣にある村を上手計(かみてばか)・下手計(しもてばか)と呼ぶそうです。

一、アイヌ語で「岸」を「ケッセン(ケシ)」などと呼び、これに誰かが「血洗」と当て字したのを訓読みしたから
※「けっせん」と聞いて自然と「血洗」と漢字を連想するか、ちょっと苦しいように感じますが、どうでしょうか。

一、近くを流れる利根川が荒ぶり、しばしば島・中州の土地が荒れた「ちあらじま・ちあれじま」から
※この説が一番しっくりくると思います。ちなみに「島」とは近くにある8つの島から来ているそうです。

No image

荒れ狂う利根川(イメージ)。『安政風聞集』より。

皆さんは、どの説だと思いますか?昔から大きな川はしばしば大蛇など長いもの(※ちなみに、アイヌ語でトネとは長いものを意味するそうです)に喩えられ、治水技術も現代とは違いましたから、さぞや恐ろしく荒れ狂ったことでしょう。

終わりに

栄一自身はどれが正しいかはあまりこだわりもなかったようですが、しばしば人に尋ねているところを見ると、本当はやっぱり気になっていたのかも知れませんね。

No image

晩年の渋沢栄一。望郷の思いが、地域発展の原動力になった?Wikipediaより。

24歳で尊皇攘夷の志を立てて故郷を飛び出し、各地で活躍していた栄一も、折に触れて望郷の念が湧き起こり、血洗島の地名に対する興味が常にあったものと思われます。

皆さんの生まれ故郷は何という地名で、どんな由来がありますか?興味をもって調べてみると、土地に対する愛着が湧いて楽しいですよ。

※参考:
21.生地、血洗島の地名について/深谷市ホームページ
そーなん!?渋沢栄一のふるさと:埼玉県立図書館ブログ
・『角川日本地名大事典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加