海上で拘束の香港市民12人 中国本土で拘束続く

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/09/15

先月、ボートで台湾に向かう海上で当局に拘束されて消息が途絶えていた香港市民12人について、中国本土の公安当局が「境界線を違法に越えた疑いで拘束している」と発表しました。

中国・広東省深センの公安当局は、12人の拘束後に初めて通知を出し、「境界線を違法に越えた疑いで身柄を拘束し、捜査を続けている」と説明しました。中国外務省は、会見で「当局は法にのっとって容疑者の合法的な権利を保障している」としたうえで、「これは完全に中国の内政問題だ」と釘を刺しました。また、同じ中国外務省の華春瑩報道官は、自身のツイッターで「12人は民主活動家ではなく中国からの香港分離を企てている」と主張しました。

人権団体が北京冬季五輪の再考要求 中国政府が反発

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加