ログリー、全大会賞金付きeスポーツプラットフォーム「Adictor」

ログリー、全大会賞金付きeスポーツプラットフォーム「Adictor」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

ログリーは、2020年10月15日に日本初の全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」をリリースする。

ドキッ! 「コスプレイヤーだらけのeスポーツ大会」開催、アンバサダーをかけてゲームで勝負

「Adictor」は、日本各地で日夜開催されている有志大会のさらなる活性化のために、すべての大会に賞金の支援を保証する大会プラットフォーム。未来のeスポーツプロプレイヤーへの活動支援を目的として、大会の主催者と優勝者のそれぞれに、運営事務局から賞金を提供する。

賞金はサービス内専用の独自企業通貨「AdictorCoin」として発行され、プレイヤーは任意のタイミングでiTunesギフトカード、Google Playギフトカード、Amazonギフト券などと交換できる。

また、Adictorでは、コアユーザー向けに共通レーティングを導入。大会で上位戦績をおさめるごとに「XP」という経験値が発行され、一定の閾値ごとにレベルや称号を付与、ランキング形式で全ユーザーに公開される。

なお、人付き合いやコミュニティに属することが苦手、あるいは自分のペースでゲームを楽しんでいるプレイヤーのなかにも、将来のスターがいるかもしれないという考えから、プレイヤー同士の交流・コミュニティ機能のをあえて入れず、純粋に大会を楽しむ機能のみにフォーカスした。

サービスリリース当初は運営事務局から賞金を提供するが、将来的には支援条件やリターンを設定して支援できるスポンサー機能も開発予定。ユーザーに対してはプラットフォーム内でのランクが上がるほど賞金が高まる、スポンサー付き大会のエントリー権が得られるなどの特典も検討しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加