最新ランキングをチェックしよう
日本の国家的「がん治療」研究、世界の潮流と逆行...成果は期待薄、医師主導の限界

日本の国家的「がん治療」研究、世界の潮流と逆行...成果は期待薄、医師主導の限界

  • Business Journal
  • 更新日:2017/08/12

ゲノム研究に基づく、個別化医療の発展は凄まじい。6月末、厚生労働省はがんに関する複数の遺伝子を一括で調べる「パネル検査」(パネルシークエンス)について、2018年度中に公的保険適用を目指す方針を固めた(「週刊ダイヤモンド」<ダイヤモンド社/7月15日号>より)。この検査が普及すれば、多くのがん患者が正確に診断され、適切な治療を受けるようになる。副作用を減らし、より高い効果が期待できるようになるだろ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
観測史上初、太陽系外から小惑星が飛来 全長400メートルの葉巻形
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場
インクジェットプリンターから超薄型バイオ太陽電池を製作することに成功
探し物が見つからない!物体を透明にする方法が発見される(イスラエル研究)
核融合発電の最大の障壁「ヘリウムバブルによる金属脆化」を解決する構造が初めて発見される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加