巨人、重量打線本領発揮!4人が猛打賞をマーク

巨人、重量打線本領発揮!4人が猛打賞をマーク

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

5回巨人、村田の右前打で生還した二走・阿部(背番号10)を出迎える田口(中央)と小林(右)=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島-巨人」(11日・マツダスタジアム)

巨人の重量打線が本領を発揮し、広島投手陣を粉砕した。

2点を追う五回。2死満塁から阿部が「コースに逆らわずに打ち返すことができました」と初球の外角球を左翼線に逆転の3点二塁打。さらに村田、亀井、田口にも適時打が飛び出し、この回打者11人の猛攻で一挙6点。続く六回もマギーの適時打などで3点を追加した。

八回までに1番・陽岱鋼、2番・マギー、5番・村田、6番・長野の4人が3安打猛打賞をマーク。今季4勝13敗と大きく負け越している首位広島を相手に、ヒットの山を築いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人V10阻止、赤ヘル軍団「生みの親」...球史に名を残した歴代外国人監督
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加