北海道、エリアによる積雪の差に要注意

北海道、エリアによる積雪の差に要注意

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2016/11/29

2016/11/29 18:38 ウェザーニュース

今日の北海道は局地的に雪が強まり積雪の急増した所が多くなりました。

17時までの24時間降雪量を見ると、石狩市厚田で41cm、夕張市で33cm、深川市で29cmなど、一気に30cm以上降り積もった所があります。
一方で、札幌市はわずか4cmと、少しのエリアの違いで雪の降り方の差が大きくなっています。

積雪状況の報告で検証

No image

積雪状況の報告では、札幌市を境に南のエリアは「積雪なし」が多いのに対し、北から北東のエリアは「道路にしっかり」が大部分。
皆さんからの報告でも、雪の積もり方が違っていることがハッキリわかります。

ウェザーリポートを紹介

No image

積雪2cm(17時現在)の札幌市中央区からは「道路にうっすらと雪が積りました。一部ブラックアイスバーン状態です」という報告が届いています。

No image

一方で、積雪27cm(17時現在)の岩見沢市からは「除雪当番ではないけど除雪してきました。ちょっと雪が重いけどいい運動になりました」とのコメント。

特に車で移動する方は、路面状況が急に変わることもありますので、出来るだけスピードを落とすなど、注意をして運転をしてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
ソロモン諸島でM8.0の地震
ウェザーニュース
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加