櫻井孝宏、梶裕貴に胸キュン!

櫻井孝宏、梶裕貴に胸キュン!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/11/12
No image

初日舞台あいさつに登壇した(左から)梶裕貴、早見沙織、櫻井孝宏

声優の櫻井孝宏が11日、都内で行われた『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』初日舞台あいさつに登壇し、梶裕貴に思わず胸キュンしたことを明かした。イベントには早見沙織も登場したほか、宮野真守からはビデオメッセージが届けられた。

本作は、テレビアニメ・実写化もされた大和和紀のコミックを映画化した劇場版アニメ。大正時代を舞台に、女学校に通うじゃじゃ馬娘で恋も結婚相手も自分で選びたいと望む花村紅緒(早見)と、祖父母の時代から決められていた許婚のイケメン陸軍少尉・伊集院忍(宮野)の恋の行方が描かれる。

歌舞伎の女形役者の美少年で、幼なじみの紅緒に思いを寄せる藤枝蘭丸役を演じた梶は、オーディションで獲得した役ながら、これまで経験したことがない、普段から女性っぽいキャラクターの演じ方に戸惑いがあったよう。しかし、劇中の「もう、いや!」という台詞は大好評で、この日も可愛く叫ぶと、櫻井は「やばい、キュンとしました」と本音をポロリ。観客からも拍手が送られ、早見も「かわいい! 1キュン」とときめいた。そんな言葉に安心した梶は、「(これまでの)お芝居でも日常生活でもこうはならないので、どうしたらそういう音に近づけるかは研究しつつやらせていただきました」と笑顔で収録を振り返っていた。

一方、宮野のコメント映像が流れると、梶は「王子様感があふれていましたね」としみじみ。早見が「宮野さんが演じていらっしゃる少尉は、『王子様ですよ』と意識して出さずに、王子様なんです。あふれいずる王子」と大絶賛すると、櫻井も「(王子様感が)垂れ流しだったもんね」と宮野の根っからの王子様ぶりに感心しきりだった。(取材・錦怜那)

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』は全国公開中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
紅白歌合戦で名前がなかった安室奈美恵、和田アキ子...それぞれの落選事情
嵐のコンサート会場近くの「イトーヨーカドーがスゴい」と噂なので行ってみた結果
カズレーザーが「15年ぶりに泣いた」1冊が大反響!緊急重版に
鶴ひろみさん、死因は激痛伴う急病 それでもハザードを点け...声優仲間「鶴さんらしいなと」
アンゴラ村長とREINA、高学歴美女2人を相方にした男性芸人がいた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加