プリンシアコメータが逃げ切り重賞初V/クイーン賞・船橋

プリンシアコメータが逃げ切り重賞初V/クイーン賞・船橋

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/12/08
No image

岩田康誠騎手騎乗のプリンシアコメータが快勝(撮影:武田明彦)

6日、船橋競馬場で行われた第63回クイーン賞(GIII・3歳上・牝・ダ1800m・1着賞金2100万円)は、先手を取った岩田康誠騎手騎乗の1番人気プリンシアコメータ(牝4、美浦・矢野英一厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の2番人気アンジュデジール(牝3、栗東・昆貢厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒8(良)。

さらに5馬身差の3着に4番人気ラインハート(牝6、大井・月岡健二厩舎)が入った。なお、3番人気アンデスクイーン(牝3、栗東・西園正都厩舎)は6着に終わった。

勝ったプリンシアコメータは、父スパイキュール、母ベルモントフェリス、その父アジュディケーティングという血統。前走のJBCレディスクラシックでは直線で不利を受けて2着だったが、その鬱憤をここで晴らした。

【勝ち馬プロフィール】
◆プリンシアコメータ(牝4)
騎手:岩田康誠
厩舎:美浦・矢野英一
父:スパイキュール
母:ベルモントフェリス
母父:アジュディケーティング
馬主:芳川貴行
生産者:ベルモントファーム
通算成績:18戦5勝(重賞1勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
みちょぱ「ロンハー」奇跡の1枚で劇的変身 ギャル封印ショートが「可愛すぎる」と話題に 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】
日本刀専門家のイギリス人男性、実家の寝室で切腹
今すぐ確認!Apple関係者が指摘するiPhoneに関する10の間違い
おっぱいポロリ! 機内食盗み食い! トラブル多発の中国航空業界で“CAお騒がせ事件”が続出中!?
「そんな終わり方ある?」視聴者の不満が爆発! 2017年下半期“ダメ最終回”ドラマは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加