日テレ『イッテQ』、ヤラセ疑惑で批判噴出「札束でラオス少年の頰を叩く文化冒涜」の声も

日テレ『イッテQ』、ヤラセ疑惑で批判噴出「札束でラオス少年の頰を叩く文化冒涜」の声も

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2018/11/08
No image

日テレ『イッテQ』、ヤラセ疑惑で批判噴出「札束でラオスを叩く文化冒涜」の声も(写真はイメージです)

日本テレビの人気番組『世界の果てまでイッテQ!』にヤラセ問題が浮上し、大炎上の騒動に発展している。ヤラセを指摘したのは11月8日発売の『週刊文春』(文藝春秋社)で、5月20日に放送された「橋祭りinラオス」が同国には存在しない、デッチ上げの祭りなのだという。

「番組では「今、橋祭りは東南アジアで大流行。開催される地域ごとにルールを定め、行われている」としていたが、同誌の取材で「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことがない」(日本人駐在員)「聞いたことはない。それに他のアジア諸国と違って、私たちはあまり自転車に乗らない」(ラオス大使館)と判明しました。さらに同誌では、現地でイベントを管轄する情報文化観光省観光部からも「この競技はラオスには存在しない。『橋祭り』は日本のテレビが自分達で作ったのでは?」との言質まで引き出してます。記事を読む限り、”捏造”の信憑性はかなり高く、日テレの旗色が悪そうです」(週刊誌記者)

これを受け、ネット・SNSでは番組存続の議論が巻き起こっており、ファンから「番組は継続してほしい」との声が上がっているようだ。だが、あるテレビ局関係者は、今回の発覚が単なる”ヤラセ”では済まない問題を孕んでおり、「番組終了の可能性はもちろん、日テレ上層部のクビが飛ぶのではないか」と、指摘する。

「”ヤラセ・演出はあたりまえ”というのがバラエティの常識ですが、今回は裏側に開発途上国・ラオスを小バカにする傲慢な制作姿勢が垣間みえてしまった。存在しないお祭りをデッチ上げるため、現地少年の少年の頬を札束で叩いて参加させたとなれば、「ラオス文化を冒涜している」という批判の声が上がるのは当然。国際問題に発展する可能性は否めません」

文春報道によれば、ラオスの15歳の少年たちが『日本の番組に出してやる。日本の芸能人に会える』と誘われ、5000バーツ(17000円)の賞金と引き換えに、”橋祭り”に出場させられている。ラオスは平均月収が3万円のアジア最貧国の一つであることを考えれば、カネで少年らに”自国の文化と誇りを売り渡させた”と解釈されても仕方ない。

視聴率トップをひた走る日テレの奢りが生んだ”捏造”なのか。同局の対応と番組の存続を見守りたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田中圭のバースデー映像も収録、吉岡里帆主演「ケンカツ」DVD-BOX特典が決定
オノ・ナツメ描く、食から生まれる優しいドラマ「どこかでだれかも食べている」
『Readyyy!』「Just 4U」「RayGlanZ」が出演する公式生番組「Readyyy!Showww!」を11月22日配信!
『BOSCH』シーズン6へ更新決定! Amazonオリジナルで最長作品に!
石川恋、栃木出身も関西弁「ええかげんにしーやー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加