オリックス・野口のプロ初本塁打から6点差に 記念球も客席から返球される

オリックス・野口のプロ初本塁打から6点差に 記念球も客席から返球される

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

7回、2ランを放ち、紅林(左)とタッチを交わす野口(撮影・高部洋祐)

「オリックス-ロッテ」(22日、京セラドーム大阪)

オリックスの野口智哉内野手が意地の一発を放った。

1-10と9点を追いかける七回。無死一塁から代打で打席に立つと、唐川の内角カットボールを捉えた。打球は右翼フェンスをギリギリオーバー。中嶋監督もベンチでガッツポーズした。

「いい感触で打つことができました!」。プロ初本塁打については「ファームでは長打も出るようになってきていましたし、何とか今年中には打ちたいと思っていたので、1本出てくれて良かったです!」と話した。

166打席目で飛び出した待望の一発。グラウンドに跳ね返った記念球は一度、スタンドに投げ入れられたが、右翼・山口と一塁塁審が返球を呼びかけて、ベンチへ届けられた。

さらに、七回2死一塁から吉田正が適時二塁打。6点差に詰め寄った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加