野党が追及...秋葉賢也復興相「事実誤認」と反論 去年の衆院選で2人の秘書に選挙運動費用 計20万円

野党が追及...秋葉賢也復興相「事実誤認」と反論 去年の衆院選で2人の秘書に選挙運動費用 計20万円

  • 仙台放送ニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

仙台放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

野党からの追及に「事実誤認」と答弁しました。自民党の秋葉賢也復興相は、衆議院予算委員会で、去年の衆院選で秘書が報酬を受け取り公選法違反の疑いがあるとされている問題について反論しました。

立憲民主党 大西健介 議員

「秋葉大臣についても、運動員買収が疑われている事案があります」

秋葉賢也 復興相

「しっかりと法令に則って報告をさせていただいているところ、まったくそうしたご批判はあたらないと認識をさせていただいております」

25日の衆議院予算員会で立憲民主党・大西健介議員の質問に応える秋葉賢也復興相。去年の衆院選の選挙運動費用収支報告書によりますと、11月8日に12万円、9日に8万円が、2人の秘書にそれぞれ支払われていました。大西議員はこれについて公選法違反にあたるとしましたが、秋葉賢也復興相は2人のうち1人は当時私設秘書であること、法令に従って適正に処理していることなどをあげ「批判にあたらない」と反論しました。

また、秋葉賢也復興相が代表を務める自民党宮城県第二選挙区支部が去年7月、旧統一協会の友好団体「世界平和連合宮城県連合会」に会費2万4000円を支出していたことが政治資金収支報告書で分かりました。

立憲民主党 後藤祐一 議員

「2万4000円。令和3年7月20日世界平和連合宮城県連合会と書いてある。これ確認すればすぐ事実確認できる。これ間違いないですね?」

秋葉賢也 復興相

「党の調査があった時はしっかりと調べさせていただいて、その結果そういった資料は確認出来なかったと当初伺っておりました。記憶している限りにおいては認識がない」

旧統一協会との接点について秋葉賢也復興相はことし8月、仙台放送の取材に対して次のように応えていました。

秋葉賢也 復興相

「私自身が認識している限りでは、そういうお付き合いはなかったと認識しております。ましてや、私の方から会費を出したりとか、あるいは関連団体から寄付を受けるということ、私自身記憶にありませんので改めてスタッフにも確認しましたがないということでした」

このほか自民党宮城県第二選挙区支部は11月25日までに収支報告書の一部を訂正。それによりますと、去年、仙台市内の事業者に支払ったポスターなどにかかる宣伝事業費72万円が上乗せされ、これにあわせて去年の衆院選の秋葉氏個人の選挙運動費用収支報告書からポスティング代72万円が削除されました。

秋葉賢也 復興相

「ポスティングについては選挙期間前に党の機関誌を配布したもの。領収書の日付が選挙期間中の10月26日だったことから、担当者が選挙運動費用収支報告書に誤記したことが確認され訂正した。誤解を払拭できるよう丁寧に説明していく」

復興庁は、週末予定していた秋葉賢也復興相の福島県大熊町、浪江町への訪問を「諸般の事情によりとりやめとなった」と発表しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加