コンサドーレ札幌FWジェイにJリーグから厳重注意。アビスパ福岡MFカウエに対し不適切行為

コンサドーレ札幌FWジェイにJリーグから厳重注意。アビスパ福岡MFカウエに対し不適切行為

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/05/01
No image

北海道コンサドーレ札幌

J1の北海道コンサドーレ札幌は、同クラブに所属するFWジェイがアビスパ福岡のMFカウエに対して試合中に不適切な行為を行ったことが確認されたとして、Jリーグから厳重注意を受けたことを1日に発表した。

問題視された行為が確認されたのは、4月28日に開催されたJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第4節の札幌対福岡戦。この試合において、「ジェイ選手の行為の一部に侮辱的と受け取られかねない不適切な行為が確認されました」とクラブは報告している。

Jリーグではジェイ、カウエ、関係者へのヒアリングを実施した上で、ジェイの行為は「カウエ選手に対するリスペクト精神を欠くものであり、サッカーを観戦、応援くださる多くの皆様に対しても、不快な思いをさせてしまいかねない行為」であると判断。懲罰基準に照らして審議し、ジェイに対して厳重注意を行ったとのことだ。

また札幌も同様に、ジェイの行為は「リスペクト精神を欠くものであり、許される行為ではない」と判断。クラブから本人に厳重注意を行うとともに、クラブを通してカウエおよび関係者への謝罪を行ったとのことだ。

「クラブは今後、同様の問題が発生しないよう、クラブ全体の啓発を強め、サッカーにかかわるすべての人に対するリスペクトの精神を忘れずに挑むよう徹底して参ります」と札幌は述べている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加