井手隊長の700円以下で旨いラーメンが食べたい!! 第50回 "東京のへそ"大宮八幡宮近くにある「永福町大勝軒」の親戚筋にあたる名店「草むら」!

井手隊長の700円以下で旨いラーメンが食べたい!! 第50回 "東京のへそ"大宮八幡宮近くにある「永福町大勝軒」の親戚筋にあたる名店「草むら」!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

「旨くて、安いラーメンが食べたい」。1杯1,000円を超える高級ラーメンも多いが、手軽で・旨くて・さらに安くラーメンが食べられるのなら最高だ。全国47都道府県のラーメンを食べ歩くラーメンライター・井手隊長が、旨くて安いアンダー700円のラーメンを紹介する。

伝説の店「竹家食堂」のDNAを受け継ぐ神戸の名店「竹家ラーメン」!

今回は、東京都杉並区にある「草むら」だ。

京王井の頭線・永福町駅前にある名店「永福町大勝軒」。

1955年の創業以来、中華麺一筋で60年以上にも渡り行列を作り続ける名店だ。煮干の効いたスープにカメリアラードで熱々の蓋をし、一般的な量の2倍はある大盛の麺を合わせる。まさにここでしか食べられない一杯に全国のラーメンファンが集まる。

実はこの「永福町大勝軒」から北に真っすぐ歩を進めて約10分行くと、もう一つの老舗の名店がある。「中華麺舗 草むら」だ。

ここは「永福町大勝軒」の親戚筋のお店で、そのルーツである製麺所「草村商店」の創業者の息子さんが1950年に創業した老舗なのだ。

“東京のへそ”として知られる大宮八幡宮の近くにあり、駅からは距離があるもののここも行列のできる人気店だ。

「ラーメン」は700円。具はチャーシュー、ナルト、ノリ、メンマ、ネギとかなりノスタルジックでシンプル。麺は中太ちぢれ。

「永福町大勝軒」ほど煮干の効いた感じではなく、じんわりとしたバランス系だが、油までもが旨くて物足りなさが全くない。麺もいい太さで、満足感も十分だ。

地元の方中心にお年寄りからファミリーまで集まり、ゆったりとした時間が流れている。いつでもトップを走り続ける「永福町大勝軒」とはまた違って、このエリアに当たり前にある町中華的な存在として「草むら」も頑張っている。

店にいるだけで温かさを感じる名店だ。ぜひ足を運んでみていただきたい。

中華麺舗 草むら
東京都杉並区大宮1丁目1−1
03-3323-9360

井手隊長 いでたいちょう 全国47都道府県のラーメンを食べ歩くラーメンライター。東洋経済オンライン、AERA dot.などでの連載のほか、テレビ番組出演・監修、コンテスト審査員、イベントMCなどで活躍中。 自身のインターネット番組、ブログ、Twitter、Facebookなどでも定期的にラーメン情報を発信。ミュージシャンとして、サザンオールスターズのトリビュートバンド「井手隊長バンド」や、昭和歌謡・オールディーズユニット「フカイデカフェ」でも活動。 ブログ:「隊長日誌(ラーメンミュージシャン井手隊長の日記)」 YouTube:「ラーメンミュージシャン井手隊長の 今3時?そうねだいたいね」 YouTube:「ラーメンが『10倍』旨くなる動画 【DON BURI】」 この著者の記事一覧はこちら

井手隊長

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加