【スーパースポーツ世界選手権 第9戦 カタルーニャ(スペイン):プレビュー】ゴンザレス初優勝!今回も接戦に期待

【スーパースポーツ世界選手権 第9戦 カタルーニャ(スペイン):プレビュー】ゴンザレス初優勝!今回も接戦に期待

  • J SPORTS|コラム(モーター スポーツ)
  • 更新日:2021/09/15

排気量600ccのスポーツバイクで争う「FIMスーパースポーツ世界選手権」。2021年9月17日(金)〜19日(日)にスペインのカタロニアサーキットで第8戦が開催されます。

No image

スーパースポーツ世界選手権としては意外にも昨年初開催となったカタロニアでのレース。1周約4.7kmのコースでビッグバトルが繰り広げられましたが、レース1では途中土砂降りとなり、ビショビショに濡れたコースにステイアウトしたアンディ・ベルドイアが奇跡的な優勝を飾るなど波乱の展開でした。

さて、今季はグランプリ(=ロードレース世界選手権)から転向してきたドミニク・エガーター(ヤマハ)が今季9勝をマークして圧倒的なリードを築いています。接戦が続く中でも強さを見せるエガーターの強さは他のライバルに比べてもやはり余裕が感じられる走りで、今季はちょっと彼が飛び抜けている印象です。

しかし、前戦のフランス、マニクールではついに新たなライダーがエガーターに勝負を仕掛け、初優勝を飾りました。マニクールのレース2で優勝したのは今季初開催となったチェコのモストサーキットで表彰台を獲得したマニュエル・ゴンザレス(ヤマハ)です。12周に渡ってエガーターに終始肉薄する走りを展開し、残り2周で前に出て優勝したのです。

まだ19歳という若さのマニュエル・ゴンザレス(ヤマハ)の優勝は「FIMスーパースポーツ世界選手権」の最年少優勝記録かと思いきや、実は昨年優勝したアンディ・ベルドイアが17歳での優勝だったということで、2番目に若い年齢での優勝にランキングされることになりました。

モスト2位、3位と表彰台を獲得して良い感触を掴みながらも、スペイン・ナバラでは表彰台争いの際に転倒し、レース2ではドクターストップにより欠場。ノーポイントのウィークエンドを過ごすことになってしまったのです。彼はまだ参戦2年目ながら25レース連続のポイント獲得を続けてきただけに、非常に安定した走りが持ち味なのですが、その勢いを止められる事態に屈せず、フランス・マニクールでついに初優勝を掴んだのです。

この優勝でマニュエル・ゴンザレス(ヤマハ)=158点はランキング5位に浮上。ランキング首位のドミニク・エガーター(ヤマハ)=302点、ランキング2位のスティーブン・オデンダール(ヤマハ)=240点は少し遠いですが、ランキング3位のフィリップ・エッテル(カワサキ)=178点は射程圏内に入ってきたといえます。

そんなマニュエル・ゴンザレス(ヤマハ)は初優勝の勢いそのままに先週のMoto2・アラゴンGPにMVアグスタから出場。2度目の出場ながら、ポイント獲得も近い17位で完走をはたしています。

ゴンザレスは「多くの進歩があったよ。チームが本当に良い仕事をしてくれてMoto2マシンについて経験を積むことができた。21周に渡ってプッシュし続けるのはとても難しかった」とMoto2挑戦について語っています。

Moto2ライダーが数多く「FIMスーパースポーツ世界選手権」に挑戦してきて強さを見せていますが、エガーターはじめ経験豊富なMoto2ライダーはゴンザレスが体験したようにずっと全開プッシュの走りでレースをしてきたライダーたちです。旋回性能が非常に高いレーサーマシンをスポット参戦でも経験できたのはゴンザレスにとってかなりプラスになっていくのではないでしょうか。

今シーズンのウイナーはゴンザレスでまだ3人目。カタロニアのレースではまた新たなウイナー誕生となるのか、それともゴンザレスが勢いに乗ってエガーターに迫るのか。ドライコンディションであれば、成長著しい若手、ゴンザレスも加わっての接近戦が楽しめるでしょう。

文:辻野ヒロシ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加