中村虎之介が新型コロナ陽性 出演中の「祝春元禄花見踊」は演出変え上演

中村虎之介が新型コロナ陽性 出演中の「祝春元禄花見踊」は演出変え上演

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

中村虎之介(2019年4月撮影)

松竹は14日、東京・歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」第1部の「祝春元禄花見踊」に出演中の中村虎之介(24)が新型コロナウイルス「陽性」と確認されたと発表した。

15日以降の同演目は代役を立てず、演出を変えて上演する。松竹の調査で中村扇雀、中村七之助、中村橋之助、中村福之助、中村歌之助が濃厚接触者に該当する可能性があり、松竹のガイドラインに基づき、自主的に出演を取りやめるとした。5人ともPCR検査は陰性だった。「一條大蔵譚」は、常盤御前を中村歌女之丞、お京を中村京蔵、鳴瀬を澤村國久が務める。また、第3部「岩戸の景清」の尾上松也が、公演とは関係なく濃厚接触者の可能性があるため、悪七兵衛景清は市川猿弥が務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加