阪神2軍首位打者の小野寺暖230万円増で更改「レギュラー取りに行く」

阪神2軍首位打者の小野寺暖230万円増で更改「レギュラー取りに行く」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

契約更改を終えた阪神小野寺は笑顔を見せながら会見する(代表撮影)

阪神小野寺暖外野手(23)が25日、兵庫・西宮市内の球団施設で契約更改に臨み、230万円増の650万円でサインした。

プロ2年目の今年は4月に支配下登録を勝ち取ると、1軍で34試合に出場。67打数12安打、打率1割7分9厘の成績で、9月30日広島戦(甲子園)では、プロ初本塁打もマークした。「支配下にもなって、うれしいことも多いシーズンでしたけど、やっぱり悔しい方が多かったシーズンでしたね」。ファームでは打率3割1分5厘で首位打者となり、確かな成長を見せているが、満足しない。

来季へ向けて捕手の原口が外野に挑戦し、秋季練習では内野手の大山も外野練習に取り組んだ。競争はさらに激しくなりそうだが、育成からはい上がった苦労人は「一番はレギュラーを取りにいきたいと思います」と力を込めた。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加