幻のパイオニア最上位AVアンプ「SC-LX904」が、GREEN FUNDINGで限定販売

幻のパイオニア最上位AVアンプ「SC-LX904」が、GREEN FUNDINGで限定販売

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/07/21

パイオニアブランドのLXシリーズというと、自動音場補正MCACC(Multi-Channel Acoustic Calibration System)を始めとした先進機能を数多く取り入れ、AVアンプの世界に金字塔を立てたものという印象がある。

No image

SC-LX904は第6世代のダイレクトエナジーアンプ(クラスDアンプ)を搭載した、その最新モデル。さまざまな事情により一般販売はされず、クラウドファンディングで150台限定での提供となったが、ブランドのフラッグシップ機として、開発者の矜持が示された製品に仕上がっている。2008年のSC-LX90以来、培ってきた技術が凝縮され、ブランド最高峰の音を表明するが、その実力はどうだろうか? 東京・両国にあるONKYO BASEで体験してきた。

No image

SC-LX904

訂正とお詫び:タイトルの製品名に誤りがあったため修正しました。(2021年7月21日)

高周波ノイズを徹底的に排除した設計に

まず特徴であるアンプ部だが、11ch持つ独自開発のモジュールは、新開発のフィルムコンデンサとカスタムパワーコイルを採用して進化。通常のアナログアンプと比べて、実用最大出力に対する定格出力が大きく取り出せる(高出力になっても歪まない)という一般的な特徴を生かし、すべてのチャンネルを同一クオリティにするというMulti-Channel Stereophoic Philosophyの思想のもと、マルチチャンネル出力でも余裕を持った再現が可能となっている。

No image

アナログアンプとダイレクトエナジーアンプの特性の違い、縦軸が歪み率、横軸が出力、ある出力を超えると歪みが非常に高くなる(その境目が定格出力)

No image

ノイズ低減するための構造

さらに、SC-LX904では、底面に置いたClass Dアンプ部と、上部に置いたアナログのオーディオ部の間をシールドして、ふたつを分離させた基板を採用するといった機構面での強化も図っている。DACチップにはESS Technologyの8chDAC「ESS9026Pro」を2基搭載。超低位相雑音の水晶発振器をマスタークロックに採用することで、全チャンネル(11.2ch)に対して高S/Nで高精度なD/A変換を実現させたとしている。

No image

ESS DACを採用

IMAX ENHANCEDに対応する点も特徴のひとつだ。IMAX ENHANCEDは家庭にもIMAX映画館に匹敵するクオリティの映像と音を届けるのがコンセプト。Ultra HD Blu-ray Discのほか、TSUTAYA TVでの配信も行われており、対応機器ではいわばIMAXお墨付きの品質が得られる。高解像度なHDR映像でありながら、映画館を思わせる落ち着いた深みを感じさせるグレーディングはもちろんだが、音響面でも劇場用ミックスから基礎とするDTS:Xへ変換する際に、ダイナミックレンジの圧縮(コンプレッション処理)をしないのがマニアには魅力的だ。情報量の低下や特性の変化がなく、ヘッドルームを広く取った劇場向けの再現が期待できる。

No image

IMAX ENHANCEDに対応

機能面ではノイズが少ない、よりピュアな再生をするために、ビデオ信号やネットワーク信号をオフにできる機能が用意されている。「Audio Exclusive Mode」はHDMI入力のビデオ信号回路をオフにする(音声信号だけを入力する)モード。「AV Direct Mode」はネットワーク機能をオフにするモードだ。高周波信号の干渉による悪影響を可能な限り排除することで高音質化を目指すものとなる。

No image

Audio Exclusive Mode

No image
No image

AV Direct Mode

No image
No image

AV DIRECTボタン

No image

リモコンでもオン・オフのモードが切り替えられるが、本体操作で完全に電源供給を止めることもできる

音場補正機能のMCACC Proは様々な機能を持つが、位相(音の出るタイミング)の補正機能に注目。(1)フェイズコントロール、(2)フェイズコントロールプラス、(3)フルバンドフェイズコントロールの3つの機能を網羅する。1は小型スピーカーが再生できない低域成分をサブウーファーに割り振る際に発生する低域の遅れ、2はコンテンツ制作時にそもそも発生してしまうLFE成分とそれ以外のチャンネルの低域位相の不一致、3はスピーカー自体で発生する高域と低域の位相の不一致を解消するための機能だ。要はAVアンプに数多くつながったスピーカーやサブウーファーの発音タイミングをすべて揃え、音のにごりをなくし、明確な定位感を得るのを目的としている。

No image

IMAX ENHANCEDのデモディスクを視聴した

これはIMAX ENHANCEDコンテンツの再生にも有効に働くはずだ。IMAXシアターにはサブウーファーが設置されているが、コンテンツはLFE成分を分離しているわけではなく70Hz以下の重低音を上下に切って低域をサブウーファーに渡すだけの仕組みになっているという。その再現で重要になるのはラージスピーカーとサブウーファーの帯域がかぶらないようにすることになる。

見通しよく充実した低域が迫真の音場を築く

取材では「UDP-LX800」をプレーヤーとし、Klipshのエントリークラススピーカー(R-620F、R-34C、R-120SW、R-41SA)とソニーの有機ELテレビ「A8G」を組み合わせた5.1.2chシステムでの視聴ができた。IMAXのデモディスクからスペースシャトルの打ち上げシーンを見ると、低域の音離れ感が非常によく、ガタガタと揺れる機内の音が空間に際立っていた。充実した低域に支えられて、ものの位置関係、独特の緊張感などもよく伝わり、迫真の臨場感があった。また、ヘリコプターなどの再現では頭上で回るローター音の位置関係だけでなく、芯の通った実在感がある。ここも低域再現力が大きく影響している部分だろう。

No image

試聴システムは5.1chにイネーブルドスピーカーを追加したもの

映画でもこのあたりは変わらないが、デモで強調されていたのは、セリフの聞こえを調整できる「Dialog Enhancement」機能だ。派手な効果音が鳴っているシーンでも声がストレスなく聴こえ、ストーリーを追いやすくなるし、センタースピーカーがないファントム再生の場合でもセンター成分だけを抽出して調整できるということなので使い勝手がいい。

No image

セリフの聞こえはDIALOGボタンから簡単に調整できる

そして音楽再生ではグレゴリー・ポーターのような男性ボーカルの野太い声の情報量の豊富さ、眼前に現れるような定位感に加え、ニール・ヤングのライブ音源における観客と一体になったような方位感など、2ch再生とは思えない音場の広さや明瞭感が感じ取れた。Spotify Connect(無料版の再生も対応)やDeezer Hi-Fi、Amazon Musicといったストリーミングサービス、ChromecastやAirPlay、Work with Alexaといったネットワーク機器(スマホ)連携など、対応する再生ソースも豊富なので、音楽と映画鑑賞が一体化したシステムとしても優れている。

No image

多彩なソースに対応

なお、Amazon MusicはHDに対応していないが、Play-Fi Critical Listening Modeに対応したAmazon Music HD再生には対応しているそうだ。ドルビーアトモスのバーチャル再生などにも対応している。

No image

背面端子

GREEN FUNDINGでの募集期間は8月31日まで。販売金額は先着順で変わり、台数も上限があるので、早めの応募がよい。また、7月27日、7月29日、8月3日、8月5日には試聴会も実施されるとのことなので、興味を持った人は予約サイトを確認してほしい。

■関連サイト

ニュースリリース

GREEN FUNDINGでの募集ページ

試聴会予約サイト

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加