メドベージェフ「BIG3はテニスのサイボーグ」と脱帽

メドベージェフ「BIG3はテニスのサイボーグ」と脱帽

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2021/02/22
No image

21日の「全豪オープン」男子シングルス決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に5-7、2-6、2-6で破れ、準優勝となったダニール・メドベージェフ(ロシア)。彼は試合後の記者会見でロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)を含めたBIG3について「良い意味でテニスのサイボーグ」と語った。

2019年の「全米オープン」決勝では、敗れたもののナダルを相手にフルセットに持ち込んでいたメドベージェフ。対トップ10選手に12連勝、マッチ20連勝という絶好調の中挑んだ2度目のグランドスラム決勝は、完敗だった。

悔しさを見せつつも、グランドスラム決勝でのBIG3撃破、および優勝には一歩近づいたという。

「僕はいつも経験が鍵だと言っているから、優勝に近づいたと思う。次にノバクと対戦する時は、コート上でもコート外でも違ったことをするつもりだよ。そうすると成功するというわけではないが、それがテニス選手の人生だ」

またBIG3が成し遂げてきたことについての考えを聞かれると、「彼らは間違いなくテニス史に残るビッグネーム」と語る。

「僕は今25歳だ。"全豪オープン"で9度優勝するためには、34歳まで毎年勝たないといけない。自分のことは信じているけど、それができるとは思っていないよ。ラファも同じで13度"全仏オープン"で優勝している。良い意味でテニスのサイボーグだよね。信じられないよ」

だがビッグネーム相手に臆することはない。

「だからといって『OK、彼らは強すぎるから勝てない』と思うことは全くない。いつだって勝ちたいと思っている。ツアー最終戦のような大きな大会で勝つことができた。次にグランドスラム決勝でBIG3と対戦する時は、もっと良いプレーをしないとね」

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」でのメドベージェフ
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

wu-sagan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加