最新ランキングをチェックしよう
「精霊様」を相手に相撲を取る 今治・大山祇神社に伝わる神事

「精霊様」を相手に相撲を取る 今治・大山祇神社に伝わる神事

  • Jタウンネット
  • 更新日:2018/06/13

のこった、のこった――。だが土俵上には、審判と力士がそれぞれ1人。力士は見えない相手と相撲を取り、劣勢に追い込まれ、土俵外に出た。なにを書いているのか、と思われる読者もいるだろう。これは、大山祇(おおやまづみ)神社(愛媛県今治市)で旧暦の5月と9月に行われている神事、一人角力(ひとりずもう)だ。どのような相撲なのか、いつから始まったのかなど、Jタウンネット編集部は神社や力士に聞いてみた。「豊作を祈

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
田淵幸一氏、輪島さん通夜で別れ惜しむ“打撃練習で休場”秘話も
事実上の一騎打ち?今年の大相撲における年間最多勝争い
引退決断の貴乃花親方、弟子の活躍が最優先 ホリエモンらが“新相撲協会”案?
輪島さん葬儀 北の富士氏「華があった横綱だった」
具志堅用高氏「よく銀座や赤坂に」輪島さんしのぶ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加