香り、ほろ苦さ、すべて一級品 「抹茶スイーツ」至福の6点

香り、ほろ苦さ、すべて一級品 「抹茶スイーツ」至福の6点

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/04/19

寒さもすっかりゆるみ、季節はすっかり春。みずみずしい緑のグラデーションが新緑の芽吹きを感じさせる、至福の「抹茶スイーツ」6点をご紹介。

◆静岡抹茶パフェ ドリンクセット《静岡茶》

SANOWA by marutamaen

No image

静岡抹茶パフェ ドリンクセット 1,230円/SANOWA by marutamaen

静岡で創業71年の茶匠が生んだ“抹茶づくし”パフェ。生クリームの下のパウンドケーキ、アイス、そしてゼリーまで静岡抹茶入り。

苦みや渋みが少ない静岡抹茶の風味を最大限に生かした。白玉やグラノーラなど、様々な食感もポイント。セットの静岡抹茶ラテは甘さ控えめで相性抜群。

「若者のお茶離れを食い止めて、もう一度、人とお茶を繋ぎたいんです」(店主の増田孝太郎さん)

SANOWA by marutamaen

所在地 静岡県焼津市東小川5-9-17
電話番号 054-621-5501
営業時間 10:00~18:00(L.O17:00)
定休日 無休
https://sanowa-tea.jp/

◆抹茶モンブラン 桜のエスプーマ《宇治茶》

カフェ&ダイニング ゼルコヴァ

No image

抹茶モンブラン 桜のエスプーマ 2,000円(サービス料別)/カフェ&ダイニング ゼルコヴァ

春の訪れを感じる華やかな装いの一品。深緑のモンブランクリームは、ほのかに香るマロンペーストと風味豊かな宇治抹茶が融合。

濃厚なクリームに合わせるのは桜のエスプーマ。桜の塩漬けチップのやさしい塩味が、抹茶の旨味をさらに引き立て、軽やかな味わいに。内側には小豆のアイス、柚子が香るスポンジ、サクサクのメレンゲ。一口頬張ればその複雑で華やかな調和に驚くだろう。

カフェ&ダイニング ゼルコヴァ

所在地 東京都港区北青山3-6-8 ザ ストリングス 表参道 1F
電話番号 03-5778-4566
営業時間 11:30~22:00
定休日 無休
https://www.strings-hotel.jp/omotesando/

◆口・福・餅《大和茶》

大和茶大福専門店 GRAN CHA

No image

口・福・餅 6個 1,944円/大和茶大福専門店 GRAN CHA

美しいグラデーションを描く大福は、左から順に抹茶の濃さが増す。大和茶がもつ甘みと渋みのバランスの変化を楽しめる。餅のなかにはお茶クリーム、塩こしあんがたっぷり。一番右はほうじ茶。

大和茶大福専門店 GRAN CHA

所在地 奈良県奈良市東向中町22
電話番号 0742-26-4834
営業時間 10:00~19:00
定休日 無休(元日のみ休み)
https://grancha-nara.com/

◆抹茶のパウンドケーキ《宇治茶》

エニスモアガーデン代官山店

No image

抹茶のパウンドケーキ 1,620円/エニスモアガーデン代官山店

ふわっと焼き上げられた鶯色の生地の中には、上新粉を練ったもちもちの抹茶餡。和洋折衷の洗練された旨味のハーモニーがひろがる。宇治抹茶のまろやかな風味は、緑茶にも紅茶にもよく合う。

エニスモアガーデン代官山店

所在地 東京都渋谷区代官山町10-10 代官山トゥエルブ 1F
電話番号 03-5728-4737
営業時間 10:00~19:00
定休日 無休(年末年始を除く)
http://ennismore.jp/

◆煎茶プリン《美濃白川茶》

東白茶寮

No image

煎茶プリン 1個 378円/東白茶寮

柔らかめのプリンは、舌の上でほどける。そのやさしい感触が、美濃白川煎茶の爽やかな甘みとベストマッチ。ロイヤルミルクティープリン(左)など、その他のバリエーションとの食べ比べもたのしい。

東白茶寮

https://tohakusaryo.shop/

◆抹茶のカレ・オ・ショコラ GIFT BOX《八女茶》

BRANCHÉ CHOCOLAT

No image

抹茶のカレ・オ・ショコラ GIFT BOX 1個 5,378円/BRANCHÉ CHOCOLAT

八女茶の芳醇なコクがショコラに贅沢な奥行きを生む。テリーヌよりもしっとり、でも生チョコほど重くない新感覚の味わいに。表面に施されたクラム(細かく砕かれた生地)の食感もアクセント。

BRANCHÉ CHOCOLAT

https://branche-chocolat.jp/

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間、定休日などが変更になる場合があります。
※出典:「週刊文春」2021年4月15日号

文=「週刊文春」グラビア
撮影=橋本 篤
スタイリング=井口美穂

「週刊文春」グラビア

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加