東日本国際大昌平・矢板3年生の思い乗せ完封/福島

東日本国際大昌平・矢板3年生の思い乗せ完封/福島

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

郡山対東日本国際大昌平 力投する東日本国際大昌平・矢板(撮影・野上伸悟)

<高校野球福島大会:東日本国際大昌平5-0郡山>◇1日◇4回戦◇いわきグリーンスタジアム

東日本国際大昌平でベンチ入り唯一の2年生、左腕・矢板裕大が公式戦初登板で完封の大仕事をやってのけた。

最速は110キロ台後半だがテンポ良く3安打に封じた。「3年生の思いをつぶさないように投げた」。前日に登板を告げられ、ベンチ外の先輩たちから「オレたちの分までやってくれ」と背中を押された。伊藤博康監督(50)も「矢板に尽きる」と背番号20をねぎらった。

▽郡山・国分玲弥投手(3年=11安打も5失点の粘投)「大会が中止になり、保護者が激励のDVDを作製してくれて、全員で続けることができた。強い相手にここまでできて幸せ。これから受験に切り替え国公立の法学部を目指します」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加