スライサーなのに突然の“チーピン”! お腹の向きだけですぐに直す方法

スライサーなのに突然の“チーピン”! お腹の向きだけですぐに直す方法

  • e!Golf
  • 更新日:2021/10/14

お腹が回らないと手打ちになってチーピンが出る

普段はスライスが多いアベレージゴルファーでも、ラウンド中に数回は左へ大きく曲げるミスってありませんか? 一般的に、左へ大きく曲がるチーピンショットは手打ちが原因です。ダウンスイングで体の動きが止まり、手だけでクラブを振ろうとするから手をこねるような形になります。

No image

体の動きが止まると手打ちになり、フェースが閉じるのがチーピンの原因。右手が手のひら側に折れた招き猫の形になる

それに伴い、クラブフェースも閉じてしまうので、ボールに左回転がかかり、引っかけになるわけです。これにアウトサイドインのスイング軌道が加わると、ボールは左に打ち出された後に左に曲がります。

手首をこねる形を説明すると、右手首が手のひら側に折れた形です。招き猫をイメージしてもらえるといいでしょう。この動きをダウンスイングで行うと間違いなくフェースは閉じます。

右手の招き猫を抑え、体の動きを止めないようにするには、お腹を意識しましょう。スイング軸を中心に体を回しますが、インパクト以降はお腹を目標に向けるつもりで体を回します。

手元とお腹が同じタイミングで回るイメージです。これを同調と言いますが、手元とお腹が同調している限り、チーピンは出ません。逆に、お腹の動きが止まった途端、チーピンが出るので、まずはお腹をしっかりと回す意識を持ちましょう。

No image

インパクト以降はお腹と手元が一緒に動くとチーピンは防げる

別のクラブやスティックを一緒に握ってボールを打とう!

お腹を回せと言われても上手く回せない人や、手元とお腹が同調しない人もいるでしょう。そういう人たちにお勧めなのが、別のクラブやスティックを一緒に握った状態でボールを打つドリルです。

まず、いつもと同じようにドライバーを握ったら、グリップ部分と別のクラブのシャフト部分が重なるように握ります。このとき、左のワキ腹に別のクラブやスティックが当たるようにするのがポイントです。

構えができたら、あとはボールを打つだけですが、フルショットはしません。右腰から左腰の高さまで振れば十分です。打球も飛距離は無視して真っすぐ飛ばすことだけを考えましょう。すると、不思議なことに自然とお腹が回るようになります。

No image

ドライバーと一緒に別のクラブやスティックを一緒に持って構える。このとき、左ワキ腹にシャフトやスティックが当たるようにすること

30球ほどボールを打ち終えたら、ドライバーだけを持ち、いつもと同じアドレスをします。先ほどのお腹を回す感覚をイメージしながらボールを打ってみましょう。最初は小さなスイング幅でボールを打ち、徐々にスイング幅を大きくしていくと、お腹を回す感覚をキープできます。もしもお腹の動きが止まってチーピンが出るようなら先ほどのドリルに戻って下さい。

手元とお腹が同調すると、チーピンだけでなく極端なスライスも修正されるので、スライスに悩む人も通常の練習に取り入れてみましょう。

取材協力・船橋カントリー倶楽部

大西翔太(おおにし・しょうた)
1992年6月20日、千葉県生まれ。
名門・水城高校ゴルフ部で活躍後、ティーチングの道へ進む。現在は、青木瀬令奈、渋澤莉絵留のツアープロコーチとして活躍。今季の宮里藍サントリーレディスオープンでは、青木のキャディを務めながら、彼女のツアー2勝目をサポートした。分かりやすいレッスンはアベレージゴルファーにも好評で、雑誌や書籍、映像メディアでも活躍。国内女子ツアーで活躍する大西葵は実の妹。弟の海翔は船橋カントリー倶楽部で研修生としてプロを目指している。

山西英希

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加