斎藤工&板谷由夏『白蛇:縁起』などイチオシ映画談

斎藤工&板谷由夏『白蛇:縁起』などイチオシ映画談

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/07/22

(C)WOWOW

最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『親愛なる君へ』『返校 言葉が消えた日』『イン・ザ・ハイツ』『夕霧花園』『サイコ・ゴアマン』『白蛇:縁起』の6本。

こんなアニメは欧米にはないと中国アニメ『白蛇:縁起』のレベルの高さを中井圭が実感! ピクサーやディズニーのクオリティー!?

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週金曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

7月下旬から8月上旬のイチオシ作品はコレ!

『親愛なる君へ』7月23日公開

台湾を舞台に血のつながらない青年と老婦人、その孫の絆を描くヒューマンドラマ。故人である同性パートナーの家族と同居する青年が、かつて愛した人の家族を守るためにある選択をする。【⇒作品情報はこちら】

『返校 言葉が消えた日』7月30日公開

台湾のホラーゲームをベースにしたミステリー。高校から出られなくなった学生たちが脱出に挑むうちに、一党独裁体制下にあった1960年代に起きた迫害事件を知る。メガホンを取るのはジョン・スー【⇒作品情報はこちら】

『イン・ザ・ハイツ』7月30日公開

モアナと伝説の海』などに携ったリン=マヌエル・ミランダによるブロードウェイ舞台劇を、彼自身の製作で映画化したミュージカル。ニューヨークの一角に暮らしながら、自分の夢を追いかける青年たちの姿を映し出す。【⇒作品情報はこちら】

『夕霧花園』7月24日公開

著名な文学賞のブッカー賞候補作にもなったタン・トゥワンエンの小説を、『九月に降る風』などのトム・リン監督が映画化。第2次世界大戦におけるマレーシアの歴史を背景に、時代に翻弄(ほんろう)された男女の愛を描く。【⇒作品情報はこちら】

『サイコ・ゴアマン』7月30日公開

怒りと憎しみの感情しか持たない残虐な宇宙人が地球を危機に陥れる様子を描いたSFスプラッター。幼い兄妹が偶然にも宇宙人をよみがえらせてしまうが、妹は宇宙人を操る不思議な宝石を手に入れる。【⇒作品情報はこちら】

『白蛇:縁起』7月30日公開

ナタ転生』などを手掛けたアニメ会社、追光動画とワーナー・ブラザースが組んだ、中国・アメリカ合作のフル3DCGアニメ。少女の姿をした白蛇の妖怪と人間の少年の冒険と恋模様が描かれる。【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『親愛なる君へ』(7月23日公開)
『夕霧花園』(7月24日公開)
『ジャングル・クルーズ』(7月29日公開)
『アウシュヴィッツ・レポート』(7月30日公開)
『イン・ザ・ハイツ』(7月30日公開)
『返校 言葉が消えた日』(7月30日公開)
『サイコ・ゴアマン』(7月30日公開)
『白蛇:縁起』(7月30日公開)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加