世界に出遅れた日本の5G...そもそも日本の携帯電話料金は世界と比べて高いのか

世界に出遅れた日本の5G...そもそも日本の携帯電話料金は世界と比べて高いのか

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/02/21

2020年3月にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで始まった5G。新しい通信技術であり「高速大容量」「超低遅延」「多数端末接続」といったメリットがあるとされている。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

コロナ禍によって、様々な産業や業界においてデジタルトランスフォーメーション(DX)が必要不可欠とされる。アナログで処理されていたものをデジタル化することで、効率性と生産性をさらに向上させようというものだ。菅政権の肝いりで新設されるデジタル庁はまさにDXの象徴と言えるだろう。

No image

©iStock.com

そのエンジンとして、5Gが期待されている。例えば、稲刈り機に5G回線と高精度位置情報システムを搭載すれば、収穫直前に台風が襲来した際に、夜間でも自動運転で走行させて収穫し、被害を免れることが可能になる。

大きく出遅れた日本の5G

通信業界のみならず、あらゆる産業に変化をもたらすと期待される5Gであるが、スタートから大きくつまずいた。各キャリアが販売している5Gスマホが全く売れていないのだ。

NTTドコモでは発売4ヵ月で24万台しか売れていない。NTTドコモでは2019年に約1200万台のスマホを販売した実績を考慮すると、いかに5Gスマホが売れていないかがわかる。

ちなみに中国ではすでに1億台を超える5Gスマホが普及している。韓国も500万台という規模だ。すでに日本は5Gで世界に出遅れてしまった。

原因はコロナ禍と、2019年10月に改正された電気通信事業法によって、端末の割引に2万円という上限が設定されたこと。かつて「実質ゼロ円」や「高額キャッシュバック」によってスマホは一気に普及したが、総務省はキャリアの端末割引に制限をかけることで、その原資を使って料金値下げを促進しようとしたのだ。

しかし、端末割引が制限されたことでスマホ購入者が激減。「試しに5Gスマホにしてみようかな」という人も増えず、5Gが一向に普及しないのだ。

今、巷で売れているのはiPhone SE。5万円程度と端末割引なしでも手が届きやすい価格だ。もちろん4G対応なので、iPhone SEが売れれば売れるほど、5Gの普及は数年、遅れることになる。

そもそも日本の携帯電話料金は世界と比べて高いのか

日本におけるDXを進めるためには5Gスマホの早期普及が必要だが、菅総理の発言が通信業界の足を引っ張っている。

菅総理(当時は官房長官)は2018年夏に「日本の携帯電話料金は高すぎる。4割値下げできる余地がある」と発言。2020年の自民党総裁選においても「料金値下げ」を目玉の政策としてきた。新政権・武田良太総務相も「(値下げは)できるできないじゃなくて、やるかやらないかの問題。1割程度じゃ改革にならない」として、キャリアに大幅な値下げを迫っている。

そもそも、日本の携帯電話料金は世界と比べて高いのか。総務省では6カ国(日米独仏英韓)で調査を行っており、それによれば日本はアメリカ、韓国と同様に高めの水準だ。

しかし、オープンシグナルという調査会社によれば日本と韓国はネットワークの接続率や通信速度において6カ国のなかでトップクラスであった。つまり、通信品質を考慮すれば料金は妥当とも言えるのだ。

そんな中、5Gを開始するにあたってNTTドコモは4Gプランから500円、KDDIとソフトバンクは1000円値上げしている(KDDIとソフトバンクは2年間のキャンペーンを適用させ、今のところ1000円は徴収されない)。

キャリアとしては5Gを開始することで値上げの方向を模索していたが、政治のプレッシャーにより、むしろ値下げを検討せざるを得なくなってしまったのだ。

キャリアが値下げを実現するには、コストの削減が必要だ。最もコストがかかっているのが設備投資。年間、どの大手キャリアも5000億円規模の設備投資を行っている。

今後数年は5Gの基地局を設置していくため、さらに設備投資がかさむ。意向に沿うよう料金値下げを実現すれば設備投資が削られ、5Gのエリア展開は遅れることになるだろう。

日本の政府がやるべきことは?

実は、菅首相が官房長官だった安倍政権時代から、10年後に来るであろう6G時代に向けて、日本のキャリアやメーカーが世界で存在感を出せるようにと有識者会議が開かれている。

過去を振り返れば3Gが始まった頃、NTTドコモはW―CDMAという技術で「世界をリードする」と息巻き、実際に最先端を走っていたが、あまりに最先端すぎて、他国がついて来ないという状況に陥った。

日本のメーカーが通信機器を海外に売ろうとしても誰も買ってくれず、NTTドコモが海外からW―CDMAに対応した通信機器を調達しようとしても、生産台数が少なく高額な製品ばかりを買わされるということになっていた。

その反省を踏まえ、4Gを開始した際には「トップ」ではなく「先頭集団」に居続けるという立ち位置に変わった。だが、確かに先頭集団であったものの、中国・ファーウェイに見事に抜き去られた。

2020年。日本の5Gはすでに世界から大きく出遅れている。

10月に発売されたiPhoneは5Gに対応した。シャープは2021年春、3万円台の格安5Gスマホを発売する。2021年後半にはほとんどのスマホが5Gに対応し「何も考えずに機種変更したら5Gスマホだった」となりそうだ。

本来、ここで政府がやるべきは、国内産業を成長させ、世界で戦えるような政策を打つことではないか。「料金の値下げ」という国民ウケする政策を掲げるのは結構だが、通信を中心とする国内産業の活性化という視点に欠けているのだ。

6G時代に向けて政府や総務省は巻き返そうとしているが、値下げを受け入れれば、キャリアの研究開発費は削られることになる。存在感を出すどころか、ますます中国や韓国、アメリカに取り残されてしまうのである。

(石川 温/文春ムック 文藝春秋オピニオン 2021年の論点100)

石川 温

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加