【J1採点&寸評】鳥栖2-0徳島|J1初ゴールのアタッカーをMOMに!嫌な流れを振り払った先制弾の山下も高評価

【J1採点&寸評】鳥栖2-0徳島|J1初ゴールのアタッカーをMOMに!嫌な流れを振り払った先制弾の山下も高評価

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/02
No image

ルヴァンカップに続き、リーグ戦でもデビューを果たした徳島のDFカカ。写真:徳原隆元

No image

【警告】鳥栖=なし 徳島=なし 【退場】鳥栖=なし 徳島=なし 【MAN OF THE MATCH】仙頭啓矢(鳥栖)

No image

鳥栖加入後初ゴールが嬉しいJ1初得点となった仙頭。写真:徳原隆元

No image

【警告】鳥栖=なし 徳島=なし 【退場】鳥栖=なし 徳島=なし 【MAN OF THE MATCH】仙頭啓矢(鳥栖)

[J1リーグ12節]鳥栖2-0徳島/5月1日(土)/駅前不動産スタジアム

【チーム採点・寸評】
鳥栖 6
徳島のビルドアップ時、あえてボールを持たせて対応。後半立ち上がりに先制点を奪うと、中盤の守備をタイトにしてボールを奪いペースを握る。その後もセットプレーから追加点を挙げ、3連勝を飾った。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
40 朴 一圭 6
徳島に許したシュートは2本だけで安定して守り続ける。終盤は垣田に入れ替わられ、あわや失点という場面もあった。キックにはいつもの安定感がなかったか。

DF
20 ファン・ソッコ 6
前半はラインを押し上げられず、プレスもはまらなかった。後半、ボールを持ち上がるなど攻撃で存在感を出す。

3 エドゥアルド 5.5
彼らしくないパスミスなどもあり、パフォーマンスは良くなかったが結果的には無失点に抑える。

47 中野伸哉 6
背後を突かれるのを嫌ったため、いつものような高い位置取りは少なく、クロスも精度を欠いた。ただ守備では上手く対応していた。
MF
24 飯野七聖 5.5
チャンスにつながる攻撃参加が少なく、藤原に先手を取られる場面もあり、光るプレーは少なかった。

41 松岡大起 6
中を閉じる守備で貢献し、先制点にも絡んだ。良く言えば大人な対応だが、彼の力からしたら物足りなさも感じた。

MAN OF THE MATCH
44 仙頭啓矢 6.5
この日はボランチの位置でプレーする時間が長かった。ゲームを上手くコントロールし、セットプレーから加入後初&J1初ゴールで試合を決定づけた。

22 小屋松知哉 5.5(79分OUT)
岸本に押し込まれる場面が目立ったが、ほとんどチャンスを作らせなかった。攻撃での持ち味はあまり発揮できなかったか。
10 樋口雄太 5.5(79分OUT)
細かいミスが目立ち本来の力は発揮できなかったか。しかし、山下のゴールをアシストするなど結果はしっかりと残した。

FW
8 林 大地 5.5(90+1分OUT)
前線からのチェイスはさすがの一言。ピンチの直後に訪れたシュートチャンスを決めていれば、もっと楽な展開にできたはずだ。

9 山下敬大 6.5(85分OUT)
我慢比べの様相もあり、嫌な雰囲気が漂う試合展開だったが、相手に当てながらもシュートをねじ込んだ。55分の得点がチームに落ち着きをもたらし、勝利に導く。
交代出場
DF
31 大畑歩夢 ―(79分IN)
85分、絶妙なグランダーのクロスを林に送るも、ゴールならず。若手ながら堂々としたプレーぶりだった。

MF
7 中野嘉大 ―(79分IN)
高校時代の恩師がスタンドから見守るなかでプレー。ただ時間が短く、チームのアクセントとなるが結果は残せず。

MF
27 相良竜之介 ―(85分IN)
持ち味のドリブルからチャンスメイクする場面はなかった。出場時間が短く採点はなし。

DF
33 ドゥンガ ―(90+1分IN)
積極的にプレッシングする姿が印象的。クロスに合わせるためにゴール前に位置取りするもボールは来ず。

監督
金 明輝 6
プレッシング一辺倒にならず、相手にボールを持たせる割り切りも好判断だった。ハーフタイムに意思統一して、後半は攻め急ぎも見られた相手からボールを奪いペースを握る。得点シーンはラッキーな部分もあったが、結果的にリーグ戦3連勝をクリーンシートで飾った。

【J1第12節PHOTO】鳥栖 2-0 徳島|これぞ鳥栖サッカー。堅守速攻で勝利しリーグ3連勝を飾る

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
徳島 5.5
巧みなポジショニングとビルドアップで試合開始からボールを保持したがゴールは遠く。後半はシュートなしに終わる。

【徳島|採点・寸評】
GK
21 上福元直人 5
仙頭のシュートを一度は防ぐも、再び仙頭に当たり不運な2失点目となった。終盤、キックが乱れたのも残念。

DF
15 岸本武流 5.5
山下のシュートをブロックに行くも、コースが変わって決まる不運。64分、西谷に出したクロスは良かった。

20 福岡将太 6
鳥栖の攻撃に対して堅実な対応を続ける。ロングフィードの狙いも可能性を感じさせるものがあった。
5 石井秀典 5.5(60分OUT)
失点後の交代となったが、それはカカ投入のため。ラインを統率しながらしっかりと守っていた。

2 田向泰輝 5.5
クリアをミスしてしまい75分の失点に絡んでしまう。1失点のままならチャンスがあっただけにもったいなかった。

MF
8 岩尾 憲 5.5
先制点を与えたシーンの縦パスには結果的に少し無理があった。ほかは安定して、効果的に相手のチャンスも潰せていた。

23 鈴木徳真 6
岩尾と良いバランスを取りながらビルドアップに貢献。守備でも存在感を示していた。
7 小西雄大 5.5(79分OUT)
サイドから中に入って岸本の攻撃参加を促した。前後半に1回ずつ訪れたシュートチャンスで決めていれば……。

38 クリスティアン・バトッキオ 5(66分OUT)
初先発。プレスに走ったり、松岡をケアしたり守備で貢献したが攻撃で脅威を与えることができずに終わる。

33 藤原志龍 5.5(60分OUT)
左サイドで攻撃のアクセントになろうと積極性を出すも、ビッグチャンスにはつながらなかった。

FW
11 宮代大聖 5(66分OUT)
ボールを収めようと身体を張ってプレー。44分のチャンスは相手DFをかわすまで完璧だったがシュートは枠を捉えられなかった。後半は上手く相手に対応され途中交代に。
交代出場
DF
14 カカ 5.5(60分IN)
林に対する危ないプレーが多かったのが印象を悪くした。周囲との連係にはまだまだ時間が必要か。

MF
24 西谷和希 5.5(60分IN)
低い位置まで落ちて攻撃のタクトを振ろうとするが、効果的な仕事はなく、守備に奔走した。

MF
10 渡井利己 5(66分IN)
鳥栖守備陣の間でボールを受けて攻撃に変化をつけようとした。しかし短い時間で決定機を創出することはできず。

FW
19 垣田裕暉 5(66分IN)
なんとかゴールにつなげようと必死に前線を走り回る。残念ながら不発に終わる。

DF
22 藤田征也 ―(79分IN)
小西に代わってピッチに。攻め込まれる時間も長く守備で奮闘した。出場時間が短く採点はなし。

監督
ダニエル・ポヤトス 5.5
鳥栖対策も施し、戦術には可能性を感じさせたが、後半は相手ペースに持ち込まれる。アタッキングサードに入ってからの質が低くゴールならず。交代策も功を奏さなかった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●荒木英喜

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加