C大阪が帰国 殊勲の水沼宏太「反響は特にない」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15

ACL1次リーグ初戦を制したセレッソ大阪が15日、韓国・済州から帰国した。

前夜はホームの済州ユナイテッドに押されぎみの展開ながら、耐えて後半ロスタイムにMF水沼宏太(27)が決勝ゴールを決めた。

一夜明け、殊勲者は「反響は特にないですよ。(横浜マリノスとの決勝で延長にゴールを決めた)天皇杯の方が大きかった」と笑顔。次戦、21日のホーム開幕戦となるACL広州恒大戦に向けては「次の試合の重要性はだれもが分かっている」と表情を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【三浦俊也のJ1順位予想】実力者ふたりを加えた川崎は盤石。不安要素の多い横浜は降格もあり得る
王者の運命、節目の記録、古巣対決... 2018シーズンJ1開幕節9試合の見どころは?
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
ビートたけし、中学生と対戦するゼッターランドの超絶技に「エゲツない」
若き日の長谷部誠に重なる長澤和輝――その直線的なプレーが浦和に再び歓喜をもたらすか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加