桑田佳祐、3月7日にブルーノート東京でソロ初の無観客配信ライブ!

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/21

サザンオールスターズの桑田佳祐(64)が、緊急事態宣言のラストデーと予定される3月7日夜に東京・南青山のブルーノート東京でソロ初の無観客配信ライブを行うことが20日、分かった。世の中に閉塞感が漂う中、レジェンドは「音楽を皆さまに届ける。これに尽きます」と世界的ライブハウス、ブルーノートに初登場。2年3カ月ぶりのソロライブへ向け、使命感に燃えまくっている。

緊急事態宣言下の最後の夜に、桑田が“ジャズの殿堂”に初めて立ち、ソロ初の無観客配信ライブに挑む。

「桑田佳祐『静かな春の戯れ~Live in Blue Note Tokyo~』」と題し、午後7時から各配信メディアで視聴できる。

コロナ禍の影響で多くのイベントやライブが中止に追い込まれる中、桑田は「世の中がどんな状況だとしても、できることといえば引き続き『音楽を皆さまに届けること』。これに尽きます」と決意。ソロでの配信ライブ開催を決めた。

時世を鑑み、生ではなく事前収録した映像を配信するが、桑田のソロライブは2018年12月以来2年3カ月ぶりで、まさにファン待望の企画。

サザンとして昨年6月25日のデビュー記念日と大みそかに横浜アリーナで大規模無観客配信ライブを行ったが、今回はソロのよさを出すため、会場の大きさも雰囲気も全く違う世界屈指のライブハウスで開催する。

桑田は「憧れのブルーノート東京でライブをやらせていただけることになりました」と大感激。26日に65歳の誕生日を迎えるロック界の大御所は「私もまもなく齢(よわい)65歳を迎え、『高齢者』の仲間入りをしようとしております」とお茶目に語り、「『ライブハウス』というライブの原点の場所に立ち返り、一緒にいてくれる仲間たちとともに、シンプルかつ『少々大人な感じ』のライブをやらせていただきます」と意気込んだ。

また、コロナ禍で苦境を強いられるライブエンタメ業界に少しでも役に立ちたいと、収益金の一部を「Music Cross Aid ライブエンタメ従事者支援基金」を通じて寄付することも決定。桑田は「このライブが“静かな春”の戯れとして、皆さまのささやかな楽しみの一つになりましたらうれしい限り」と呼びかけている。

★チケット販売は

チケットは21日からオフィシャルファンクラブ会員限定で先行販売がスタート。購入者には参加記念としてオリジナル特典(未定)が贈られる。一般発売は26日から各配信メディアで開始され、価格はどちらも税込み4500円(別途配信メディアごとに手数料が発生)。詳細はサザンの公式サイト(https://southernallstars.jp)まで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加