もう1台何役かわからん!グリルもオーブン調理も万能すぎる【エアーオーブン】嬉しいコンパクトサイズ

もう1台何役かわからん!グリルもオーブン調理も万能すぎる【エアーオーブン】嬉しいコンパクトサイズ

  • ヨムーノ
  • 更新日:2022/09/23
No image

揚げ物料理って油の後処理や後片付けが大変で、ダイエット中の方はカロリーも気になりますよね。でもサクサクジュワジュワの揚げ物を我慢するなんてできない!という方にオススメなのがこちら。

人気の調理家電ブランド【récolte(レコルト)】から、油を使わずにヘルシーで油の破棄作業も不要。お気軽お手軽に調理できるから、忙しい朝のお弁当作りにも最適。温め直しもでき、専用レシピも付いた「エアーオーブン」のご紹介です。

1台5役以上の、価値ある「調理器」

No image

高温の熱風で食材を加熱するノンフライ調理家電「エアーオーブン」は、油を使わずに唐揚げやカツなどの揚げ物を作ることが可能!

それ以外にもロースト(蒸し焼き)やグリル(網焼き)、ベイク(オーブン焼き)に温め直しと1台5役の万能調理器。

それにキッチンに1台コレがあるだけで、お料理に自信がつきヤル気までUPするんだから1台5役以上の価値がありそうです♪

コンパクトサイズ&大容量バスケット

No image

本体がA4サイズのスペースに置けるコンパクト設計。なので従来の熱風調理器に比べて、大幅に小さくなりキッチンの台上に置いても邪魔にならないサイズ感。

引き出し式のバスケットには、300g×2のかたまり肉も余裕で収まる大容量さ。約2.8L入るのにコンパクト、とキッチンには嬉しい仕様ですよね。

200℃の熱風で一気に、サクサクジューシー♪

No image

なぜ油が不要かというと…食材に含まれる油分と水蒸気を利用して調理するから揚げ油は不要。最高200℃の熱風が庫内を高速で循環する仕組み。

さらに余分な脂も内アミの下に落ちるからカロリーもダウン。カロリーが気になって我慢していた揚げ物もヘルシー&簡単調理が可能です。

ビーフピカタ(香草カツレツ)を2人分油で揚げた場合との比較をすると、なんと[-910kcal※]もカロリーダウンするんです。

※ メーカー調べ

オーブンとしても

No image

「エアーオーブン」は、オーブン調理も得意分野。200℃の予熱が約5分とあっという間なので、使いたいときにすぐ使えて便利。

コンパクトなのに大容量なので、画像のようにスペアリブやローストビーフなどの調理にも活躍しますね。

・スペアリブ(400g)…180℃の調理温度で20分加熱

・ローストビーフ(300g)…190℃の調理温度で10分加熱

ニオイも煙もない、お魚調理。

No image

お魚のグリルにも活躍。ひっくり返す手間が省けるから、ムニエルなどの身崩れしやすい魚料理にも最適。庫内は密閉されている為、ニオイも煙も気にならないのがGOODですね。

・鮭(2切れ)…200℃の調理温度で15分加熱

市販の天ぷらも、揚げたてのよう♪

No image

食べる頃にはしんなりしがちな市販の揚げ物。揚げ直しは手間すぎるし、電子レンジはシナシナに。オーブントースターで焼き直しすると焦げてしまったりとプチ問題。

でも、「エアーオーブン」で温め直せば短時間でサクサクに復活!庫内に入れてダイヤルをセットするだけで希望の触感と味わいになるんだからご家族みんな大満足です。

・揚げ物温め直し(200g)…160℃の調理温度で5分加熱

余分な脂も内アミの下に落ちるからカロリーダウン!

No image

しかも、バスケット内にある〈内アミ〉のお陰で、余計な油も下に落ちる仕組みに。なのでカラッと調理し、ヘルシー♪さらにカロリーダウンもできるんだから一石三鳥ですね。

3時のおやつでお子様もご機嫌。

No image

メイン料理だけでなく、3時のおやつに嬉しいマフィンも焼けちゃいます。これなら大人だけでなく、お子様だって「エアーオーブン」を好きになってくれますね。他にもフルーツチップスなんかもお勧めです。

・マフィン(径6cm 4つ)…180℃の調理温度で15分加熱

面倒な揚げ油の後始末も不要♪

No image

使用後はバスケットと内アミを丸洗いするだけ!これまで揚げ物調理で敬遠されがちだった、飛び散った油の掃除や使用済み油の廃棄といった面倒な後始末が必要ありません♪

【recolte】エアーオーブン

No image

「1台7役」で最強!忙しい日の「キッチン救世主」1度使ったら手放せない【最新家電プレゼント実施中】

インテリア雑貨のひなたライフ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加