スマホを見続ける乗客に中づり広告の内容を 「LINE」を使って実証実験

スマホを見続ける乗客に中づり広告の内容を 「LINE」を使って実証実験

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/03/20

東急東横線などで2週間実施

AIRDOと東急エージェンシーは2017年3月17日(金)、「LINE Beacon」の技術を活用し、電車の中づり広告とコミュニケーションアプリ「LINE」を組み合わせた実証実験を行うと発表しました。

No image

AIRDOは、新千歳空港をはじめとする北海道の空港と、東京、仙台、名古屋、神戸、岡山、広島を結ぶ(2016年3月、恵 知仁撮影)。

「LINE Beacon」は街なかなどに設置されたビーコン端末からの信号情報と連動し、「LINE」上でユーザーとコミュニケーションを取れるサービスです。

電車内でスマートフォンを使う人が増えてきていることから、既存の交通広告である中づりと、スマホアプリの「LINE」を組み合わせて、広告効果の向上を図る実験が行われます。

期間は3月20日(月)から4月2日(日)までの2週間。車両は東急東横線や横浜高速鉄道みなとみらい線を走る44編成です。西武線や東武線など、直通先の路線でも体験できます。

実験の具体的な中身は?

実験では、AIRDOの「北海道へ行こう!当たる2week!キャンペーン」を展開。乗客が車内にて、Bluetoothオンの状態で「LINE」を立ち上げると、「LINE Beacon」の信号を受信して、このキャンペーンを告知する緑色のバナーが表示されます。

告知バナーをタップして指示に従って進むと、キャンペーン応募用のメッセージが届くという仕組みです。エントリーすると抽選で東京~北海道間の往復航空券などが当たります。

2社によると鉄道において、「LINE Beacon」を活用した取り組みは日本初。東急エージェンシーは、今後もデジタルテクノロジーを活用し、交通広告や屋外広告と掛け合わせることで、広告手法の活用法を進化させていくとしています。

【画像】中づり広告×LINEの実験イメージ

No image

電車内の広告と「LINE」を連動させた実証実験のイメージ(画像:AIRDO)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SoftBankは日本で自動運転バスの実用化を目指す、商用サービスの開始は2020年を予定
レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」
過熱式たばこで大きく出遅れたJTの「焦燥」
徹底した軽量・コンパクト化と新しい電子制御で進化したホンダの大型スーパースポーツバイク『CBR1000RR』
【動画】軽自動車「三菱 ミニカ」に大型バイク「ニンジャ ZX-9R」のエンジンを搭載すると “羊の皮をかぶった狼” みたいな走りになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加