【UFC】平良達郎デビュー戦、計量ぎりぎりクリアの相手に心配の声「顔色めっちゃ悪いな」

【UFC】平良達郎デビュー戦、計量ぎりぎりクリアの相手に心配の声「顔色めっちゃ悪いな」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/15
No image

125ポンド(56.7キロ)で計量をパスした平良達郎【写真:Getty Images】

当初は2週前に予定もカンデラリオの体調不良で延期に

14日(日本時間15日)の米格闘技「UFCファイトナイト・ラスベガス54」の計量が行われ、修斗フライ級王者平良達郎(Theパラエストラ沖縄)は125ポンド(56.7キロ)、カーロス・カンデラリオ(米国)は再計量の末、126ポンド(約57.15キロ)でパスした。日本MMA界の“超新星”平良のUFCデビュー戦だが、ネット上で話題となっているのはカンデラリオの様子だ。げっそりした表情に心配の声が上がっている。

仕切り直しの一戦だ。当初は4月30日(日本時間5月1日)に行われる予定だった両者の対戦だが、前日計量をクリアした後にカンデラリオの体調不良により試合は2週間延期となっていた。

この日の計量でも平良はリミットでクリアしたが、カンデラリオは一度目の計量は0.5ポンドオーバー。フェイスオフ後に再計量しクリアしていた。

ほおはげっそりし、目もうつろな状態。平良とあまりに対照的な様子に、ネット上のファンは「顔色わっる」「顔つきが全然違う」「カンデラリオ顔大丈夫?」「カンデさんの顔よ。明日大丈夫だろうな。。」「相手の顔色めっちゃ悪いな。大丈夫か?」などと心配する声が上がっている。

22歳の平良は10戦10勝で10勝(うち3KO、一本が5)。カンデラリオは9勝1敗の30歳。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加