DeNA梶谷、逆転満塁弾含む2発6打点 ベース踏み忘れに「ちょっと焦りました」

DeNA梶谷、逆転満塁弾含む2発6打点 ベース踏み忘れに「ちょっと焦りました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇セ・リーグ DeNA10―6巨人(2020年10月18日 横浜)

No image

7回、逆転満塁弾を放ちベースを回る際、一塁ベースを踏み忘れたため、戻る梶谷(右)(撮影・木村 揚輔)

DeNA・梶谷が7回に逆転の18号グランドスラム。敗色濃厚だったチームを逆転勝利に導いた。

0―5で迎えた7回に、柴田、伊藤光の適時打で3点差に迫り、なおも無死満塁の好機。梶谷は「ちょっと緊張してたけど、打ててよかった。久々にいい感触が残った」と会心の一発を振り返った。

スタジアムが大歓声に包まれる中、一塁ベースを踏み忘れて戻る場面も。「ちょっと焦りましたけど、気持ちよかった」と少し恥ずかしそうに話した。

8回には2打席連続の19号2ランを放ち、1試合6打点の荒稼ぎ。大逆転の立役者は「まぐれです。(チームメートが)いい流れをつくってくれた」と謙遜した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加