日テレ女子アナによるアパレルブランド「Audire」が始動 提案者は郡司アナ

日テレ女子アナによるアパレルブランド「Audire」が始動 提案者は郡司アナ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/24
No image

自分たちで手がけた洋服を披露する(左から)忽滑谷こころアナ、郡司恭子アナ、佐藤真知子アナ(撮影・三好信也)

日本テレビは22日、アパレル事業「Audire(アウディーレ)」を立ち上げたことを発表し、都内でローンチ記者発表会を開いた。発表会には提案者の郡司恭子アナウンサー(32)らが出席。同局のアナウンサーの声をデザインに投影し、第1弾として女性用ワンピースやジャケットなど5点を用意。日本初のアナウンサーによるブランド始動に、郡司アナは「いろんな女性の方に着ていただきたいです」と胸を躍らせた。

日テレが放送事業の枠を超え、アパレル事業に挑戦する。事業を提案した郡司アナは、同局の中期経営計画のスローガン「テレビを超えろ、ボーダーを超えろ。」に背中を押されたといい「アナウンサーたちの新たな可能性を模索したいと思い、立ち上げました」と思いを明かした。

アナウンサーは、番組での衣装選びに気を使うなど、ファッションとの親和性は高い。昨年8月の計画具現化以降、複数のアナウンス部のメンバーらが準備、商品開発に携わってきた。「コンセプトの設計からネーミングなども決めて」、全く異なる分野の経験を経て「社会人として新しい筋肉を身につけた気がします」と充実感を示した。

ブランド名の「Audire」はラテン語で「聴く」を意味。現代に生きる女性の「声」に寄り添うという思いを落とし込んだ。複数のファッションブランドを運営するCEORY社とパートナーシップを組み、女性用ワンピースなど5点を用意。価格帯は約2~3万円で、独自運営のサイトで販売していく。

「これまでになかった働き方」という準備過程では「壁に何回もぶち当たった」と振り返る郡司アナ。先輩の藤井貴彦アナから「壁は情熱だけでしか壊せないんだ。情熱をもって壁を壊そうとすればいつかその壁は糧になるよ」と〝金言〟を授かったといい、「力をもらって、この日を迎えられました」と感謝。今後は第2弾の発表も視野に入れ、挑戦を続けていく。

◆郡司恭子(ぐんじ・きょうこ)1990年6月26日生まれ。東京都出身。慶大から2013年に日本テレビ入社。これまで情報・報道番組のほか、バラエティー番組のMCを担当。現在は「NNN ストレイトニュース」、「情報ライブ ミヤネ屋」などのほか、ゴルフ中継では実況を担当し、特技もゴルフ。ホールインワンの経験もある。身長162センチ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加