田中将大、右肩炎症でDL入り ここまで8勝10敗、防御率4.92

田中将大、右肩炎症でDL入り ここまで8勝10敗、防御率4.92

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/08/13
No image

ヤンキースの田中将大

◆ キャリア初10敗を喫するなど不安定なシーズン

ヤンキースは現地時間12日(日本時間13日)、田中将大が右肩の炎症のため、10日間の故障者リスト(DL)に入ったと発表した。

田中は今季ここまで23試合に先発し、8勝10敗、防御率4.92の成績。2ケタ敗戦は楽天時代を含めプロキャリア初で、9日(10日)のブルージェイズ戦は、自己ワーストの5四球を与えるなど、4回0/3を2安打3失点、88球で降板していた。

田中はメジャー1年目の14年に右肘を痛め長期離脱。翌15年は右前腕部の張りで離脱しており、今回が3度目のDL入りとなる。ただ、今回は疲労によるところが大きく、早期復帰できる見込みだという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
審判の判定をインスタで批判、炎上したカープ・福井優也投手
カブス内野手が171キロ打球を驚愕キャッチ 会場スタンディングオベーション
元ヤンキースのジーター氏、夫人との間に第1子誕生
家探しのダルビッシュにロバーツ監督が助言「渋滞を頭に入れておいた方が」
驚愕!13・85秒でランニング本塁打 ツインズ快足外野手・バクストン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加