ニース、当面はファブレ体制継続へ ポチェッティーノやパーカー招へいの噂も...

ニース、当面はファブレ体制継続へ ポチェッティーノやパーカー招へいの噂も...

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/09/24
No image

新監督招へいの動きも伝えられたニースだが、当面はルシアン・ファブレ体制を継続することになるようだ。

【動画】フランスの新星、アミーヌ・グイリ

今夏、クリストフ・ガルティエ監督がパリ・サンジェルマン(PSG)に引き抜かれたニースは、過去に実績を残したファブレ監督を後任として招へい。

今夏の移籍市場では、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど積極補強を敢行。

ただ、一部ではその補強はスイス人指揮官が求めたものではなく、クラブ主導で行われ、多くの取引が移籍市場終盤に完了したこともあり、戦術面の浸透に苦戦。チームは今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分け4敗の13位に低迷している。

この成績不振を受け、クラブは近日中にスイス人指揮官を更迭し、昨季までPSGを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ氏や、今季途中までボーンマスを率いたスコット・パーカー氏の招へいに動いているとの報道が出ていた。

しかし、ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長は、フランス『レキップ』のインタビューで、ファブレ監督の続投を明言した。

「たった8日間で監督を交代させるつもりはない。これはスポーツのレベルでも、人間的なレベルでも解決策にはならない。昨日、スポーツディレクターのデイブ(・ブレイズフォード)は彼と長いミーティングを行ったが、ルシアンはとても満足して帰っていった。噂は根拠のないものだった」

さらに、一部メディアで盛んに報じられたポチェッティーノ氏との交渉に関しては、「クラブでは誰もポチェッティーノや彼の代理人と連絡を取っていないし、電話もしていない。これは敬意に欠ける噂であり、現監督の立場を弱めるものだ。我々はルシアンとともに、シーズン序盤の不振を挽回するために努力するつもりだ」と、その噂を真っ向から否定した。

ひとまずファブレ体制継続が決定したニースだが、今後も低迷が続くようだとカタール・ワールドカップ開催による中断期間のタイミングなどで指揮官更迭の可能性は十分にあるはずだ。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加