広島鈴木誠也2発も空砲 1号遅めも「全然気にせずにやっていました」

広島鈴木誠也2発も空砲 1号遅めも「全然気にせずにやっていました」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

ヤクルト対広島 3回表広島無死、ソロ本塁打を放つ鈴木誠(撮影・垰建太)

<ヤクルト11-7広島>◇8日◇神宮

広島主砲鈴木誠也外野手の2発も空砲に終わった。

3回にヤクルト奥川から左翼席中段へ今季1号を運ぶと、9回には長谷川から2号2ランを中堅にたたき込んだ。

打撃フォーム改造に取り組み、オープン戦は本塁打なし。46打席目でのシーズン1号はプロ初本塁打を放った14年に並ぶ遅さも「そこは全然気にせずにやっていました」と打撃の追求に集中。今季初の猛打賞で打率を3割5分に上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加