エアコンの内部には花粉がたまりやすいって知ってた?

エアコンの内部には花粉がたまりやすいって知ってた?

  • @DIME
  • 更新日:2021/04/07
No image

意外と盲点?エアコンの花粉対策はどうするべきか

現在、花粉シーズン真っ只中。点眼薬・飲み薬を使用したり、外出時にマスクやメガネをかけたりと対策を講じている人は多いだろうが、意外と盲点になりがちなのが、エアコンの花粉対策だ。

花粉がたまりやすいのは、「エアフィルター」と「エアコン内部」

エアコンは「室内の空気を吸い込み」、その空気を冷たくしたり温かくしたりした後に「室内に戻す」ことで快適な環境をつくっている。したがって、エアコンが室外から花粉を取り込むことはないが、室内の空気には花粉が混じっていることもあるため、エアコン内部にも花粉がたまっている可能性がある。

エアコンで花粉がたまりやすい場所は、「エアフィルター」と「エアコン内部(フィルター奥)」。まずはエアフィルターのこまめな清掃がおすすめだ。

■エアフィルターの掃除

①掃除機で吸い取るか、軽く叩いて汚れを取り除く。
②汚れがひどいときは中性洗剤を溶かした 40℃以下のぬるま湯か水で洗い、洗った後はよくすすいで、水気を十分ふきとり、日陰で乾かす。

※2週間に1回程度の頻度で掃除をする。
※フィルター自動お掃除機能を搭載したエアコンもある。

No image

次にエアコン内部(フィルター奥)には熱交換器などがある。熱交換器を洗浄する機能が搭載されているエアコンをお持ちの方は、その機能を使っていただくとエアコンをより清潔に保てる。

※故障の原因になるので自分でエアコン内部の清掃を行わないこと。エアコン内部の清掃を望まれる方は、お買い上げの販売店またはお客様ご相談窓口に相談していただきたい。

出典元:株式会社コロナ

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加