10年に1度の寒波 大規模な交通障害発生 大雪で大動脈寸断 高速や鉄道【岡山】

10年に1度の寒波 大規模な交通障害発生 大雪で大動脈寸断 高速や鉄道【岡山】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2023/01/25
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

10年に1度と言われるこの冬一番の寒波は、岡山県内に記録的な大雪や大規模な交通障害を発生させました。

JRは岡山と山陰を結ぶ特急「やくも」と「スーパーいなば」が始発から全便運休。このほか伯備線、姫新線などでも終日、運転を取りやめています。

(駅の利用者は…)

「これから受験。 雪が怖くて前日入りした。心配。あさってにも試験がある。予定が変わるかな 何とか頑張って行く。大変だけど」

高速道路の状況です。岡山県内では、山陽道と岡山道の通行止めが午後4時36分に全て解除されました。

中国道の津山インターより東、米子道の県内のすべての区間は依然通行止めです。

気象台によりますと、雪のピークは過ぎましたが、引き続きなだれや農業用ハウスの倒壊、路面の凍結による交通障害などに注意を呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加