島根スサノオ 開幕戦に向け順調な仕上がり 目指すはチャンピオンシップ初優勝

島根スサノオ 開幕戦に向け順調な仕上がり 目指すはチャンピオンシップ初優勝

  • 日本海テレビ
  • 更新日:2022/09/23
No image

今月22日、男子プロバスケットボールB1の島根スサノオマジックがB2・西宮ストークスとのプレシーズンゲーム最終戦に臨み、ファン2050人の前で開幕に向けて順調な仕上がりを見せた。

今月22日、男子プロバスケットボールB1の島根スサノオマジックがB2・西宮ストークスとのプレシーズンゲーム最終戦に臨み、ファン2050人の前で開幕に向けて順調な仕上がりを見せた。

昨シーズン、チャンピオンシップに初出場するなどファンを熱狂させた島根スサノオマジック。

今シーズン、新たに2人の戦力が加わり、22日は初めて迎えたホームでの試合。

チームで最初に得点を挙げたのは…新加入の津山選手。

3ポイントで会場を沸かせる。

そしてディフェンスで魅せたのはこちらも新加入の谷口選手。

2メートルを超える長身で相手の攻撃を阻む。

さらに、昨シーズンに引き続きキャプテンを任された安藤選手も活躍。

第2クオーター終了時点で5点差の接戦に。

後半から青のユニフォームに着替えたスサノオ。

ここから勢いに乗る。

新加入選手の活躍もあり、20点以上の差をつけて見事勝利を収めたスサノオにブースターは。

ブースター:「(子供に)連れて来られて面白かった。1試合でファンになっちゃいました」

ブースター:「オフシーズンの間ずっとスサノオ不足だったので久しぶりに見られてよかった」

津山尚大選手:「(スサノオマジックのプレースタイルに)フィットしてないんだけどシーズンまでにもっともっと練習してイメージしながら完成までに近づけていきたい」

安藤誓哉選手:「勢いに乗った時にガっと攻めれるような準備を(ブースターの皆さんも)一緒にしていきましょう。今年は楽しみにしててください」

順調な仕上がりを見せた島根スサノオマジック。

10月1日、アウェーで昨シーズン負けたことが無い新潟アルビレックスBBとのシーズン開幕戦に臨む。

記者:期待していることは?

ブースター:「やっぱ優勝ですかね」

目指すはチャンピオンシップ初優勝だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加