阪神・サンズ チーム救うスーパーキャッチ ラミレス監督も脱帽「あれはスーパープレー」

阪神・サンズ チーム救うスーパーキャッチ ラミレス監督も脱帽「あれはスーパープレー」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/02

◇セ・リーグ 阪神3-3DeNA(2020年7月31日 甲子園)

No image

<神・D(7)> 延長10回1死一、二塁、大和の打球をサンズは背走しながらキャッチ(撮影・大森 寛明)

攻撃では得点に絡めなかった阪神・サンズが、何打点にも相当する守備でチームを救った。3―3の延長10回1死一、二塁。大和の左翼への飛球は頭上を越えたかと思われたが、背走しながらグラブの先でスーパーキャッチ。すばやく熊谷―植田と中継し二塁走者・倉本の帰塁も許さず併殺を完成させた。

「走者を絶対に還さないという気持ちで追いかけた結果、捕ることができて良かった。走者を刺すこともできたし、大事な場面で点を与えることがなかったので良かったよ」

決して俊足ではないが、打席での勝負強さ同様、重要な場面での集中力の高さを見せつけた。矢野監督は「超スーパープレーだと思います。前進(守備)のプレーだから、めちゃくちゃ難しいし」と大絶賛し敵将・ラミレス監督も「あれはスーパープレー」と脱帽。午後10時45分終了まで勝利を信じたファンに勝利に値するプレーを披露した。

5打数1安打で初めて規定打席にも到達し、打率・293でリーグ14位に顔を出した。派手さはなくても、ここぞで頼れるイメージが定着してきた。 (山添 晴治)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加