オリックス 宮城が圧巻のG倒!7回1安打1失点13Kの快投で6勝目

オリックス 宮城が圧巻のG倒!7回1安打1失点13Kの快投で6勝目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/09
No image

13奪三振で6勝目を挙げた宮城(左)と5号ソロを放ち勝利に貢献した宗は笑顔でポーズを決める(撮影・山口登)

「オリックス3-1巨人」(9日、京セラドーム大阪)

オリックスが快勝。高卒2年目、宮城が7回1安打1失点、13奪三振の快投で6勝目を飾った。

立ち上がりから直球、スライダーのキレが抜群。高卒2年目とは思えない落ち着いたマウンドさばきも光り、巨人打線を圧倒した。

四回2死まで完全投球。吉川に四球を与えて初めて出塁を許したが、岡本和を2打席連続三振に仕留めた。七回2死、岡本和にソロを浴びてノーヒットノーランの快挙はならなかったが、巨人打線から三振の山を築いた。

八回はヒギンス、九回は平野とつなぎ、逃げ切った。

打線は一回に宗が5号ソロ。四回には伏見の適時打、七回はジョーンズが適時打を放った。

宮城は「7回に1発を打たれてしまったところは反省しないといけませんが、全体的には真っすぐでファウルが取れていたことで、変化球で勝負できていましたし、変化球でカウントが取れていたことで、真っすぐでも空振りが取れていたりと、しっかりといろんなボールを操れていたと思います」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加