“最旬”在宅ホラー映画!『ズーム/見えない参加者』 前代未聞「Zoom交霊会」の遠隔恐怖を描く!!

“最旬”在宅ホラー映画!『ズーム/見えない参加者』 前代未聞「Zoom交霊会」の遠隔恐怖を描く!!

  • BANGER!!!
  • 更新日:2021/01/13
No image

『ズーム/見えない参加者』© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

新型コロナウイルスによるロックダウンが実施されたイギリス。Zoom飲みならぬ「Zoom交霊会」を始めた6人の男女に、身も凍るような恐ろしいことが起こる。

……もうね、遊び半分で交霊会なんてしちゃダメ! 肝試しもダメ! ワケわからない山荘に行ってもダメ! それ全部“ホラーあるある”だから!!

No image

『ズーム/見えない参加者』© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

Zoom“ならでは”の恐怖演出が見事!

『ズーム/見えない参加者』はそのタイトル通り、全編がウェブ会議ツール<Zoom>で製作されたホラー映画。いつも通りの和気あいあいとした飲み会に、主催者のヘイリーが霊媒師を招き入れたことで、Zoomを介しての「交霊会」が始まる。

失踪した娘のSNSに隠された秘密……全編PC画面内で展開する画期的サスペンス『search/サーチ』

No image

『ズーム/見えない参加者』© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

映画序盤、Zoomで会話を楽しむ主人公たちの背後の開いているドアが気になったり、背景に何か映ったりしていないかドキドキしつつ見守る。Zoomにはこんな機能やあんな機能があるよ~なんて、わかりやすい前フリだらけの映像にワクワクが止まらない。もちろん、その後はZoomを使ったことがある人なら分かる“ならでは”のリアルな恐怖が待っておりましたよ! わかっちゃいたけど(強がりです)、怖いよね。見事にやられました!!

No image

『ズーム/見えない参加者』© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

監督を務めたのは、17才のときに初監督作『Strings』(原題:2012年)で英国インディペンデント映画賞レイダンス賞を史上最年少受賞したという逸材、ロブ・サヴェッジ。つまり今後が期待される超若手監督なわけですが、本作に関しては都合よく画面が拡大されたり並列に切り替わったり、インカメなのにその解像度? などなど不自然な箇所も若干あるものの、そこは時事性のあるテーマでスピーディーに仕上げてみせた手際を評価するということで、ぜんぜん許容範囲内ではないでしょうか。

ゾンビ映画なのに涙が止まらない! この世界に赤ん坊なんて卑怯だぜ 謎に父性が爆発したNetflix『カーゴ』

🍿━━━━━━━━━🍿
ロブ・サヴェッジ監督
メッセージ到着👻🎬
🍿━━━━━━━━━🍿

ブラムハウススタジオで絶賛新作の撮影中🎥
多忙の中、素敵なメッセージを頂きました‼

13日の金曜日🔪に動画を撮影した監督、
ホラーへの愛が溢れてます👻

『ズーム/見えない参加者』
2021年1.15公開! pic.twitter.com/WNLr2YRzTJ
— 映画『ズーム 見えない参加者』公式 (@zoommienai0115)
December 18, 2020
from Twitter

また上映時間も68分と集中力が続きやすいコンパクトさで、思っていたよりも早い段階でコトが動き出すのもGOOD! ホラー好きの期待は裏切りません。

No image

『ズーム/見えない参加者』© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

いつか「こんなときもあったね~」と言える世の中になることを願って……!

少し自分の話をしますと、今から約18年前、とてつもなくビビリな幼なじみAくんが20歳の誕生日に「自分を変えたい!」という思いから、夜中に名古屋にある某霊園を撮影しながら一人で散歩したんです。ところがビビリなAくんは序盤から、自分を鼓舞するためなのか怖すぎておかしくなったのか、かなりフザケた態度で撮影していました。

そして翌日、僕を含む幼なじみ数人でその映像を確認したところ、まあ映ってるわ映ってるわ……。あまりに怖すぎて、そのビデオカメラとテープはお祓いに出し、ビビリを克服したかったAくんは、ますますビビリになってしまったことは言うまでもありません。何度でも言うけど、遊び半分で霊園散歩とか肝試しとか、Zoom交霊会とかもしちゃダメだよ!

S・キング×『CUBE』監督の迷宮ホラー その草むらに入ったら生きては出られない⁉『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』

No image

『ズーム/見えない参加者』© Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

さて本作に話を戻すと、まさに今が旬のアイデアですし、劇中、あまりの恐怖に混乱状態の人物同士がハグではなく肘タッチをするシーンなんかも、パンデミックによる生活様式の変容を物語っているなぁと痛感しました。エンドロールで、撮影前にリハーサルで行った交霊会の模様が鑑賞できるのも面白い。いつか本作を見返した時、「ああ、肘タッチなつかしいなぁ~」なんて言える世の中になっていることを切に願います。

文:ゾニー(KING BROTHERS)

『ズーム/見えない参加者』は2021年1月15日(金)より新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、シネクイントほか全国公開

ゾニー(KING BROTHERS)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加