[さる年]4月中旬~5月中旬運勢 絶好調! 地位もお金も思いのまま!?

[さる年]4月中旬~5月中旬運勢 絶好調! 地位もお金も思いのまま!?

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/04/08

申(さる)年

4月12日(月)〜5月11日(火)の運勢

No image

名誉と利益の両方が得られるときです。

今の仕事を忍耐強く、着実にこなしていくことで、知名度がぐっと上がる運気にあります。

例えば、担当した商品がヒットしてインタビューを受けるという華々しい活躍。はたまた過去に出した企画が大きなプロジェクトとして発動し、社内で時の人となるなど、注目を浴びる人が出てくるでしょう。

もしかすると、副業の動画配信やSNSでの発言が話題となる、といったケースもあるかもしれません。

いずれにしても、それらが金運の上昇気流に乗って、収入増に結びつく模様。

活躍のチャンスが巡ってきたときは、その状況を楽しむつもりで、伸び伸びと持てるチカラを発揮してください。

恋愛面では、量より質に重きを置くべきとき。

気軽な恋を楽しむのではなく、真剣交際が叶うお相手を探しましょう。

この時期、時間と労力の無駄遣いは禁物です。既婚者への思いや献身は、徒労に終わるでしょう。

恋も仕事も、誠実に向き合うことが好運を活かすポイントです。

多忙な日々となりそうですが、健康に留意しつつ、できるだけの善行を積むことで開運をはかりましょう。

注意したいのは、親しい友人との金銭の貸し借り。貸したものは返ってきません。借りた場合は面倒なことになる可能性大。

健康面で注意したいのは、大腸のトラブル、肺活量の低下。

この時期、相性がいいのは、子(ねずみ)、辰(たつ)年。

距離を置いたほうがいいのは、寅(とら)、巳(へび)、亥(いのしし)年の人。

吉方位は、北と南。避けたほうがいいのは、東と西。

※次回更新日は5月9日(日)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

申(さる)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

この時期の運気をサポートしてくれるのは、跪いた子どもの像「跪人」。

その人を引き立て、助けてくれる人物を指す“貴人”の「貴」と「跪」の発音が同じことから、中華圏では、困ったときの助けが得られる吉祥物として親しまれています。

この吉祥物を飾り、目標達成の力添えをしてくれる人物の登場を願いましょう。

「跪人」で検索すると、玉と呼ばれる石で作った置物や飾りが見られます。そうした画像を参考に、正座している人形を探してみてください。

入手が難しい場合は、画像をプリントしたもので代用を。

方角は問いませんが、オフィスや書斎の机上に飾るのがポイントです。

すでに手に入れている場合は、水で洗ってお清めしてから、再登場願いましょう。

この時期のラッキーカラーは、黒と白。避けたほうがいいのは、赤と緑色。

※次回更新日は5月9日(日)

申(さる)年・基本性格

多芸多才なオールラウンダー。

好奇心が旺盛で興味関心の幅が広く、琴線に触れるものに出合ったならば、即座にそこへ向かうなど、フットワークも抜群。

少しかじっただけでも、ひと通りの技術や知識を習得してしまう器用さを持ち合わせている点も特徴的です。

ただ、得意分野が多岐に渡るため、ひとつところに留まることをよしとしない側面が。

また、束縛を嫌い、自由気ままに暮らすことを好むため、転職や転居の回数はやや多めかも。

奔放ではあるものの、向上心にあふれ、負けずぎらいな性格ゆえ、自堕落な生活に陥る心配はなさそうです。

人付き合いは良好で、気のおけない友人も多数。

おもてなし上手でもあり、パーティを主催させたなら、本格的な手料理をふるまったり、話題のケータリングを発注するなど、引き出しの多さを発揮し、皆を楽しませることでしょう。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加