掃除、極道、内緒...あれもこれも!仏教が由来になっている日本語たち:その3

掃除、極道、内緒...あれもこれも!仏教が由来になっている日本語たち:その3

  • Japaaan
  • 更新日:2021/07/22
No image

さて、過去にJapaaanでは、2回にわたって仏教が由来になっている日本語たちを紹介しました。

“懐石“という言葉は仏教由来?仏教と茶道の影響を受けた和食文化

開発、愛嬌、玄関…あれもこれも!?仏教が由来になっている日本語たち:その1

喫茶、我慢、覚悟も!まだまだある、仏教が由来になっている日本語たち:その2

実は、日本語の中には、まだまだ仏教由来の日本語たちが存在しています。今回は、大好評につき、またまたそんな仏教由来の日本語たちを紹介していきたいと思います。

No image

掃除

「掃」は、払い清める、「除」は“あまねく”を意味し、元々は神聖な場所を余すところなく掃き清めることを意味していました。「掃除」は仏教においては大切な修行の一つで、釈迦の弟子である周利槃特(しゅりはんどく・チューラパンタカ)は、掃除で悟りを開いたというエピソードが伝わっています。禅宗では特に、「一に掃除をすること、二に軽天を読むこと」といわれるほど掃除が重要視されています。

極道

博徒やならず者などを意味するこの言葉、実は仏教由来の言葉でした。「極道」とはもともと、仏教の道を極めることを意味する言葉で、高僧に対して「極道者」などと呼んでいました。ところが江戸時代になると強きを挫、弱きを助ける侠客を極めた人物を「極道物」と称えたことから、現在のような意味を持ったようです。

No image

道化

仏教では「どうげ」と呼びます。もともとは、人々を仏の道に導くという意味の「道法教化」(どうほうきょうか)という言葉が元になっています。一般大衆を仏教に帰依させるために、笑いを誘うような身振り手振りを交えて説法したことから、やがて現在のような笑いをとることやその人自身を指す言葉になりました。

所得

経済などでよく使われるこの言葉も、実は仏教にちなむ言葉でした。もともとは、所有を意味するサンスクリット語の「ウバランバ」が語源になっている言葉で、本来は、修行によって「精神的に得たもの」を意味していました。それが、いつのころからか「金銭的に得たもの」という意味になりました。

道楽

仏教では、「道楽」は「どうぎょう」と読み、もともとは「仏道」を探究する楽しみのことを意味していました。道を修めて得られる結果から転じて、現在では、本業そっちのけで物事に熱中するような様子や趣味に熱中する様子を表しています。

娯楽

仏教では、「楽」は悟りの楽しみを意味しており、「娯楽」は仏を信じることによって得られる心の安らぎのことを意味していました。現在の娯楽である音楽や演劇も、もともとは心の安らぎを得るために法要などの仏教儀式に取り入れられたものだと考えられています。

内緒

本来は、「内証」(ないしょう)といい、自分の内面の悟りによって、仏教の真理をつかむことを意味していましたが、「内証は外からうかがい知ることができないものである」ということから、表向きにせず内密にしておくこととして使われるようになりました。

さて、今回も仏教が由来になっている日本語たちを探してみましたが、いかがでしたでしょうか。

普段使っていた意外な言葉が、実は仏教由来の言葉だということを知り、びっくりされた方も多かったのでは? それとも、「納得!」だったでしょうか。

参考:日本語倶楽部『この言葉の語源を言えますか?―当然のように知っておきたい日本語』(2002 KAWADE夢文庫)

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加