サウナー日本ハム6位長谷川威展ととのった? プロ入り初ブルペンで31球

サウナー日本ハム6位長谷川威展ととのった? プロ入り初ブルペンで31球

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

キャッチボールをする日本ハム長谷川威(撮影・小林憲治)

日本ハムのドラフト6位、長谷川威展(たけひろ)投手(22=金沢学院大)が、サウナーの醍醐味(だいごみ)を熱弁した。大学時代からサウナや温泉に通っており、趣味だと公言。「気持ちも、ととのいます。結構おすすめです」。3セットのパターンでは、1セット目8分、2セット目10分、3セット目12分と時間を延ばしながら、合間に水風呂に入る。体が熱くなってくると無心になり、心身のリフレッシュになるという。

この日の新人合同自主トレでは、同8位の北山亘基投手(22=京産大)とともにプロ初のブルペン入り。捕手を立たせて31球を投げた。例年2月にブルペン入りしているため、まずは傾斜に慣れることを意識し「強い球を投げることと(体が)突っ込まないことを大事にしました」。体をいじめながら、プロの世界でも、ととのいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加