日本ハム3年目・片岡のプロ初安打がリクエストで幻に...新庄監督「ヒットにしてよ」

日本ハム3年目・片岡のプロ初安打がリクエストで幻に...新庄監督「ヒットにしてよ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇パ・リーグ 日本ハム2―5オリックス(2022年8月5日 京セラD)

No image

<オ・日>9回1死、二塁へ打球を放ち内野安打の判定も…リクエストで判定アウトになってしまった片岡(撮影・後藤 正志)

新庄剛志ってどんな人?略歴、トリビアも!

北海道八雲町出身の日本ハム3年目・片岡がプロ初安打を惜しくも逃した。8回の守備から出場し、9回1死で迎えた打席。投手の横を抜けたゴロを処理した二塁手・山足の送球と競走し、一塁にヘッドスライディングして一度はセーフの判定が出た。だが、オリックス・中嶋監督のリクエストによるリプレー検証の結果はアウト。今季1軍デビューし、ここまで12打席で無安打7三振だった片岡にとっては非情の判定変更となった。

オリックス側からボールを受け取って片岡に渡す用意をしていた新庄監督は「あれ、ヒットにしてよ。ヒットでいいでしょう」と恨み節。「でも、奇麗なヒットでいいスタートを切ってもらえたら気持ちいいから」と次に期待した。片岡との交代で退いた近藤については、指揮官は「足がちょっと張っていた。たぶん疲れもあるだろう」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加