所得証明書類など奨学金申請書類を紛失 滋賀県教委、1人分

所得証明書類など奨学金申請書類を紛失 滋賀県教委、1人分

  • 京都新聞
  • 更新日:2022/05/13
No image

滋賀県庁

滋賀県教育委員会は13日、県内の高校から郵送された生徒1人の県奨学資金の継続貸与申請書類一式を紛失した、と発表した。保護者の所得を証明する源泉徴収票や住民票など計5点で、現時点で個人情報の外部流出や悪用は確認されていないという。

教育総務課によると、郵便局側に追跡記録が残る「特定封筒郵便物」として高校が県教委へ4月19日に送付し、同20日に県庁の文書収発室へ届いた記録があるが、県教委側で見当たらないという。書類の提出期限が過ぎた5月11日に県教委が高校へ問い合わせて発覚した、という。

県奨学資金は、学費支払いが困難な世帯の生徒が対象。同課は「非常に重く受け止めている。適正管理を徹底していく」とし、申請者の保護者に謝罪した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加