松田聖子が監督デビュー、東京国際映画祭で初披露へ

松田聖子が監督デビュー、東京国際映画祭で初披露へ

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2021/10/14

歌手・松田聖子が初めてメガホンを執った映画「フォークロア2:あの風が吹いた日」が、10月30日〜11月8日開催の第34回東京国際映画祭にて世界初披露される。

No image

その他の大きな画像はこちら

「ゲーム・オブ・スローンズ」などで知られるHBOが展開するHBOアジアのホラーアンソロジーシリーズ「フォークロア」は、シンガポールの巨匠エリック・クーが製作総指揮を担当し、シーズン1では、日本・韓国・インドネシア・マレーシア・シンガポール・タイの6か国の気鋭監督が、古くから伝わる伝承を基に各国の文化や社会問題について紐解いた作品を制作、日本からは主演として北村一輝、監督として齊藤工が参加していた。

今回のシーズン2では、監督が一新され、タイ、台湾、フィリピン、インドネシア、シンガポール、マレーシア、そして日本から松田が監督として参加。松田は本作が監督デビューとなる。

東京国際映画祭では、シーズン2の7本のうち、シンガポールの「お出かけ」と、松田聖子監督作品「あの風が吹いた日」の2作品を上映。

その内容は「高校生のミカは、憧れの歌手KENのコンサートに行くためにアルバイトに励んでいる。ある日、ミカは公園でひとりの男がギターを弾きながら歌を作曲しているのに居合わせる。アドバイスを求められたミカは、その男がKENであることに気づく」という、一見ファンタジックなラブストーリーで、森崎ウィンがKEN役を、高橋春織がミカ役を、そのほかモト冬樹、木村多江などが出演している。

☆第34回東京国際映画祭開催期間:2021年10月30日(土)〜11月8日(月)会場:日比谷・有楽町・銀座地区公式サイト:https://2021.tiff-jp.net/ja/今年より、会場が六本木地区から日比谷・有楽町・銀座エリアへ移転。17年ぶりとなるプログラミング・ディレクターの変更、部門の改変などもあり、東京国際映画祭は新たに生まれ変わる。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加